紅茶の入れ方

デンマーク王室御用達紅茶店 A.C.パークス

紅茶店やティールーム、そして美味しい紅茶のブランドと言えば、フォートナム&メイソンやトワイニングなどやはりイギリスのブランドが頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。そのイギリスとも関係が深い歴史を持つ北欧でも紅茶が飲まれているのをご存知ですか?北欧デンマークには老舗の紅茶店A.C.パークスがあります。デンマークの首都コペンハーゲンの紅茶店をご紹介します。

A.C.パークスの創業の歴史

A.C.パークスは1835年にコペンハーゲンで開店しました。創業者はJENS BAY PERCHとNIELS BROOCKの二人です。二人は友人でした。当時のコペンハーゲンは、貿易のため訪れる様々な国の人々が交流していました。その中には中国やインド、スリランカなど紅茶の原産地から来ている人もいました。そこで二人は、東インド会社が紅茶貿易を自由化した翌年、中国やインド、スリランカの関係者から入手した茶葉を販売し始めました。それがA.C.パークスの開店のきっかけです。

A.C.パークスのティールームと店舗

A.C.パークスは、現在北欧で最古の紅茶店です。コペンハーゲンのストロイエというショッピングストリートの中にあるイルムスの近くに店を構えています。A.C.パークスの1階は店舗になっており、2階への階段を上がると素敵なティールームが広がっています。ティールームでは英国スタイルのアフタヌーンティーセットをいただくことができます。デンマークの物価は決して安くないですが(デンマークは高福祉国家のため税金がとても高いため物価が総じてすべて高い)ティールームでひととき、優雅な時間を過ごしてみるのもデンマーク旅行の良い記念になるかもしれません。

A.C.パークスの場所

ストロイエへの行き方は、まずコペンハーゲン中央駅から駅隣のチボリ公園に沿って左へ進み、大通りを右へ曲がって市庁舎方面へ進みます。遊園地を通り過ぎると、右手に市庁舎が見えます。市庁舎の目の前に広場があります。市庁舎を右手に見ると、目の前の広場の向こうにセブンイレブンがあります。そのセブンイレブンの隣の道がストロイエというショッピングストリートへの入り口です。そこをまっすぐにずっと進んで教会を通り過ぎてさらに進むとイルムスがあります。その辺りから少し外れたところにA.C.パークスはあります。詳しくは地図を確認してみてくださいね。

A.C.PERCH’S THEHANDEL
住所:Kronprinsensgade 5, 1.sal,1114 København K
URL: http://www.acperchs.jp/

北欧といえば、北欧デザインの家具や雑貨や洋服などに注目ですが、それだけになりがちですよね。快適な北欧デザインの雑貨が散りばめらた素敵なカフェやティールームで、現地の人の目線で紅茶を飲んでみるのも楽しいものです。美味しい紅茶をデンマークのコペンハーゲンのA.C.パークスで飲んで、帰りに紅茶も買ってみたら、北欧旅行の記念と素敵なお土産になりますね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    水出しアイスティーとは通常、紅茶は熱湯を使い3分程度で抽出しますが、冷水を使い8時間ほど…
  2. ティーカップ
    紅茶とアンズのアーモンドクリーム入りの紅茶タルトの作り方タルト生地に紅茶の茶葉を加えた、大人向き…
  3. 紅茶のワッフル
    ティーキャディースプーンとは紅茶の茶葉をポットへ入れるとき、ご家庭にあるスプーンを使う人は多いこ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP