紅茶

一味スパイスを。紅茶アレンジを楽しむスパイス 10選

毎日のティータイムはリラックス出来るひと時

お仕事や家事の合間に飲む紅茶は本当にリラックス出来る一杯ですね。しかしいつもの紅茶に飽きてしまった・・そんな方も多いのではないでしょうか。では、紅茶にちょっとしたスパイスを加えて紅茶にアレンジを加えて楽しみませんか。

アレンジしても美味しい、スパイスの種類

1シナモン

シナモンはほんの少しだけ加えることにより風味が増します。軽く一振りで良いと思います。後に続く香りが気分を上げてくれます。シナモンは毛細血管の活性化に良いとされてるので、アンチエージングに良いですね。夜のリラックスタイムなど飲むと体の末端まで温かくなるので、リフレッシュだけじゃなく、健康のためにも飲むと良いですね。

2 ミントの葉

ミントの葉を浮かせると爽やかな爽快感もプラスしてリフレッシュ感も感じられます。休憩タイムに良いですね。ミントはシナモン同様に毛細血管の収縮をします。皮膚の活性化に良いです。トニック感も有るので、気分転換の大きなきっかけを作ります。又ミントは栽培も簡単にで出来るので、どなたでも栽培する事が出来ます。

3 ブラックペッパー

ミルクティーのちょっとしたアクセントに良いです。チャイのような味わいですね。ほんのひと振りで十分にスパーシーナミルクティーを楽しめます。又ブラックペッパーは胃腸の調子も整えるので、食欲のない時や筋肉痛や肩こりにも効果が有ると言われています。

4 ココアパウダー

こちらもミルクティーに合います。ココアパウダーを入れるとまろやかなチョコレートの風味も増して、濃厚なミルクティーになります。ココアはポリフェノールも入ってるので、健康にも良いですね。シナモンと一緒に使うのも又美味しいです。

5 はちみつ

ホットティーに良いです。アイスティーだと下に沈んでしまいがちなので、ホットティーだとはちみつがすんなりと溶け合ってくれます。はちみつの香ばしい香りが広がります。

6 オレンジの輪切りをプラス

爽やかな甘い柑橘系のオレンジの輪切りをレモン代わりに入れると香りが良いフルーツティーになります。又、柑橘系のフルーツを入れる事にいの調子を整えてくれるので、食事の前に時間をおいてゆっくり飲むと胃も落ち着くと思われます。これからの暑い時期にも氷とオレンジをグラスに入れて紅茶を注ぐとフルーツフレーバーのトロピカルアイスティーになります。しかし柑橘系のオレンジなどは日が経つと紅茶が濁ってしまうので、香りがしたら取り出した方が良いでしょう。

7 ほうじ茶パウダー

ミルクティーにほうじ茶パウダーを加えるとさっぱりした日本茶の味わいがプラスされて飲みやすくなります。和菓子と頂くのも良いと思います。ほうじ茶ラテと同じテイストです。このパウダーが有ると家でもほうじ茶ラテを楽しむ事が出来ます。

8 食用のドライフラワー

紅茶専門店に売ってる食用のドライフラワーも美味しい紅茶に仕上げる良いスパイス的な役割をします。ローズヒップやハイビスカスなど、酸味の効いたドライフラワーはとても相性がいいです。それと酸味の効いたものはアンチエージングや美容にもとても良いです。肌の具合があまり良くない時に頂くと効果的です。

9 ちょっと大人のラム酒

夕食が終わったリラックスタイムにラム酒を加えた紅茶は如何ですか。大人の紅茶です。ラム酒の豊潤な良い香りがリラックスできます。ラム酒の代わりにブランデーも良いですね。

10 ジンジャー

ショウガは体を温めて喉にも良いので、体調がすぐれない時にもいいでしょう。少量擦って絞ると紅茶にジンジャーのスパイシーな香ばしい香りが広がります。

紅茶に入れるスパイスはこんなに有ります。皆様の体の状態やお好みのスパイスを加えて紅茶をたまには楽しんでみませんか。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    美味しい紅茶を入れるために茶葉を買って紅茶を入れる場合、茶葉の分量には気を遣う必要があります。ど…
  2. 昆布茶
    コンブチャとはコンブチャ(Kombucha)は、欧米やヨーロッパで健康飲料として大人気の発酵飲料…
  3. 紅茶の入れ方
    ティータイムと聞くと、何を連想しますか?基本的に紅茶を味わう三大要素は、味覚・嗅覚・視覚と言われてい…

紅茶の最新記事

PAGE TOP