紅茶の入れ方

紅茶に携わるお仕事-紅茶のおすすめ資格

紅茶の入れ方は基本ルールを守ると、味わい深い茶葉の味が楽しめます。紅茶を掘り下げて追及したい方には、紅茶をマスターすると数々の資格もあるので挑戦してみるのもいいですね。さらに自分流に工夫をすると、体感に合った紅茶スタイルが保てますよ。

資格で学べる美味しい紅茶の入れ方

良質な茶葉使用
保存状態が良い、新鮮な茶葉を使用してください。
ティーセットを温める
紅茶を注ぐ前に、ティーポット&カップに沸騰したお湯を入れてください。、2~3分置いてティーセットを温めておきます。
茶葉の目安
ティーカップ1杯に対して、ティースプーン1杯の分量です。ティーポットを使用する際は、人数分+1杯の茶葉が必要です。
新鮮な80度以上のお湯を入れる
紅茶の香りや味わい深さを、体感するためには熱湯が必須条件です。
砂時計を使って茶葉を蒸らす
細かい茶葉を使用する場合は、2~3分待機してください。。大きい茶葉であれば3~4分待つと、お好みの味わいで楽しめますよ。

茶葉の温度と量については、正確さを保ってください。
最適な温度
80度の温度にジャンピング効果を取り入れて、茶葉のうまみ成分を引き出してくださいね。

紅茶の資格取得を目指す

リプトンのティーコーディネーター

紅茶を楽しみたい方や本格的な手法を学びたい方に、オススメの「ティーハウス ギンザ」です。まずはお気軽に受講できるコースを選んで、趣味として勉強するのもいいですね。総合的にティーコーディネーター資格を目指したい方には、歴史や文化と紅茶の世界を堪能できるコースが準備されています。
日本安全食料料理協会の紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザーは茶葉の知識、茶器の知識、各紅茶の入れ方、オリジナルブレンドの知識など、紅茶についての基礎知識を有していることを認定する資格です。
日本安全食料料理協会の紅茶マイスター

美味しい紅茶の入れ方から、紅茶オーナーとしての開業の知識を有していると認定されます。
formieの紅茶アナリスト

フォーミィ (formie)とは、何処でも勉強できるよう配慮されたオンライン通信資格サービスです。Web教材を使って、紅茶のプロフェッショナルを目指したい方にはオススメです。
メディカルハーブカウンセラー対策コース

通信教育で、ハーブについての知識を学ぶことができます。卒業時に資格取得ができるコースもあります。
日本アロマメディカル心理セラピー協会のメディカルハーブカウンセラー

生活の中で美容と健康を保ちたいという方には「メディカルハーブカウンセラー」を、オススメします。医療や福祉、介護の世界でも必要とされる資格のため仕事で活用できるのも魅力の1つですね。
日本安全食料料理協会のハーブライフインストラクター

自然療法を生活に賢く取り入れたい方には「ハーブライフインストラクター」がお勧めです。ハーブ植物本来の効果を総合的に学んでいると認定されます。

紅茶の資格を取得した後は

喫茶店や飲食業界で重宝される資格です。是非、就職や転職活動でアピールの材料として取得してみましょう。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶それぞれの本来の香りや味わいを楽しむためには、正しい順序で紅茶を淹れる必要があります。ティーポッ…
  2. 紅茶の入れ方
    水出し紅茶の基本紅茶は本来、乾燥させた茶葉を沸騰したお湯で戻し、数分蒸らして成分を抽出する飲み物…
  3. 紅茶のサンドウィッチ
    紅茶と楽しみたい英国のお菓子ビスケット、スコーン、サンドイッチ……イギリス式のティータイムには欠…

紅茶の最新記事

PAGE TOP