紅茶の入れ方

紅茶のおすすめ資格ランキング【口コミで評判】

紅茶のおすすめ資格とは

インドの「ダージリン」スリランカの「ウバ」中国の「キーマン」これら世界三大紅茶をはじめ、様々な種類の茶葉があります。日本がはじめて紅茶を輸入したのは、明治20年。ヨーロッパ文化のあこがれとしてイギリスから伝わりました。紅茶は、上流社会に受け入れられ、現代では多くの人の癒しのひとときに欠かせないアイテムとして親しまれています。最近では、いろいろな茶葉をブレンドするブレンドティが人気を博しています。

紅茶をより深く楽しむために、基本的な紅茶の入れ方や知識を学べるスクールや検定も注目されています。紅茶のスペシャリストになりたい人向けの資格を受講料がお手頃な順に、ランキング形式で紹介します。

紅茶のおすすめ資格ランキング

1位:紅茶アドバイザー&紅茶マイスター
紅茶アドバイザーは、日本安全食料料理協会が実施する資格です。茶葉の知識やおいしい紅茶の入れ方、オリジナルブレンドまで紅茶の知識を深めることができます。受験希望者はインターネットで申し込み、70%以上の評価があれば合格します。受験料は10000円です。

紅茶マイスターは、紅茶オーナーとして喫茶店経営するうえで必要なマーケティングの基礎知識や開業、運営の知識、ティールームの内装などが学べます。この資格認定試験は、日本安全食料料理協会が実施しています。受験申請は、インターネットで受験料は10000円。70%の評価で合格できます。
2位:紅茶アナリスト
紅茶アナリストは、オンライン通信サービス「formie」が認定する資格です。地上波テレビで紹介されるなど。本場英国の知識と現代に活用する技術が身につく、通信講座です。
3位: ティーコーディネーター
リプトンが実施する紅茶の基礎が学べる資格です。ベーシッククラスと専門的なサーティフィケートクラスがあり、必要単位が取得できれば、ティーコーディネーター資格が得られます。ベーシッククラスは4講座あり、受講料は19,000円。サーティフィケートクラスは、3単位15000円でティーコーディネーター資格には、16単位以上必要です。
4位:ティーインストラクター
日本紅茶協会が認定する資格です。日本紅茶協会は、昭和41年に紅茶協会として設立され、その後新しい組織に改組されました。日本紅茶協会、三井農林、片岡物産、リプトンジャパンの4社が発起人となって日本ティーインストラクター会が設立され、現在に至ります。ティーインストラクターの資格を取得すると、各自の企画で「紅茶教室」を開けます。ティーインストラクター養成コースの受講料は29万1600円です。

紅茶の資格の活用方法

ティーサロンの経営者となるには、紅茶の基礎知識だけでなくサロンの経営ノウハウまで幅広く学ぶ必要があります。これらの資格を持っているからといって必ず仕事があるわけではありませんが、紅茶関連の仕事をするなかで資格を取得していると、詳しく説明しなくても知識があることの証明になります。資格は、自宅をティーサロンにするという夢への懸け橋となるでしょう。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 耐熱性ティーセット
    ティーポットのデザインの選び方のポイント紅茶を美味しく飲むには、ティーポットの形が大切です。その…
  2. チャイティー
    紅茶専用リネン類の代表であるティータオル紅茶好きの人の中には紅茶専用のリネン類(ティーリネン)を…
  3. 紅茶の茶葉
    二ナス紅茶のフランス伝統の歴史1672年 ピエール・ディアズが「ラ・ディスティルリー・フレール」…

紅茶の最新記事

PAGE TOP