紅茶の入れ方

紅茶の種類-フレーバーティーとは

紅茶専門店に行くと、紅茶の種類だけでなく、フレーバーティーの種類が豊富で色々と迷ってしまいますよね。フレーバーティーと言うと、まずどんな紅茶が頭に浮かびますか?やはり色々な香りが付いたお茶を想像しますよね。では具体的にフレーバーティーってどのようなお茶なのでしょうか。フレーバーティーにはどんなタイプがあるのでしょうか。フレーバーティーの秘密を詳しく見ていきましょう。

フレーバーティーとは

フレーバーと言うからには、何となく「フレーバー=風味」のイメージから、食べ物の香りが付けてあるお茶のイメージがありませんか?例えば、ポピュラーな香りではりんごの香りを付けたアップルティーや、アイスティーなどによくあるピーチの香りを付けたピーチティーなどが浮かびますよね。でもよく考えてみるとジャスミンの香りを付けたジャスミンティーも、柑橘系のベルガモットの香りを付けたアールグレイティーもフレーバーティーだということに気が付いていらっしゃいましたか?基本的に紅茶そのものの香りではない香りが付いているお茶はすべてフレーバーティーということになります。

フレーバーティーの種類

フレーバーティーには2種類あります。ひとつは紅茶の茶葉もしくは紅茶の液自体に香りづけてしてあるもの。先ほど例に出したアップルティーやピーチティーそしてアールグレイティーやジャスミンティーもそうですね。もうひとつは香りがあるフルーツやスパイスそのものを茶葉と一緒にブレンドしてあるもの。生姜のチップが入っているジンジャーティー、フルーツを乾燥させたものが入っているフルーツティー、またドライハーブとブレンドしたハーブティーのブレンドティーなどがそうです。欧米ではフルーツを乾燥させて作ったフルーツティーがポピュラーな地域があります。フルーツの凝縮した甘みと酸味の強いジュースのような温かい飲み物です。酸味が強いことが多いので、そこに砂糖を入れて、甘くして飲むのが美味しいフルーツティーです。

フレーバーティーの楽しみ方

フレーバーティーには変わったものもあります。外国などには特に変わったものがあり、キウィやバナナの香りを付けたものもあり(紅茶なのでキウィやバナナの「味」はしません!)、緑茶にライムの香りを付けてあるものや、チョコレートの香りを付けた紅茶などもあります。フレーバーティーには色々と変わったお茶もあるので、不思議なフレーバーのお茶を見つけたら思い切って買って試してみるのも楽しいですよ。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の健康効果
    ルピシアは、1995年に設立された、日本の若い紅茶ブランドです。設立当時はフランス語で「食料品店」を…
  2. 紅茶のギフト
    紅茶ファンのお楽しみの一つ「クリスマスティー」毎年各ショップからカラフルなパッケージングのクリスマス…
  3. 紅茶カップ
    喫茶店などで紅茶を頼むと必ずソーサーと一緒に出てきますよね。現在のソーサーの使い方はこぼれた時のため…

紅茶の最新記事

PAGE TOP