紅茶の入れ方

紅茶の種類-ディンブラとは

ディンブラとは

ディンブラはスリランカのウバから中央山脈を隔ててちょうど反対側の地域で収穫されており、産地は標高1200mのハイグロウンティーです。ディンブラという名前自体は聞き慣れない人が多いかもしれませんが、日本人が持つ「紅茶」のイメージはこのディンブラが一番近いです。日本のティーバッグやペットボトル飲料によく使われます。

ディンブラの特徴

ディンブラ茶葉の製法は、香りや味がよく出るように細かくカットしたBOP(ブロークンオレンジペコー)タイプの茶葉が多くなっています。短時間で濃く抽出されるのが特徴です。本当にすぐに水色が濃くなるので、ディンブラ紅茶を入れる際は目を離さないようにするのがポイントです。他の紅茶と同じくらいの抽出時間だと濃すぎて飲みにくいものになってしまいます。

ダージリンやウバなどと比べたら個性はないですが、上質でベーシックな紅茶と言えます。朝食、ランチタイム、ティータイム、食後など、どのシーンに合わせても美味しく飲むことができます。紅茶単独でも、パンやケーキなどのお菓子や軽食とも相性が良いです。

ディンブラのクオリティーシーズン

ディンブラのクオリティーシーズンは1月~2月の寒い冬の時期です。クオリティーシーズンのフルリーフタイプ(茶葉の大きいタイプ)には花や果実のように甘く柔らかく、爽やかな香りがするものがあれば。中には薔薇の香りがするものもあります。水色はオレンジがかった赤色になります。日本人がイメージする、「紅茶らしい紅茶」の色と言えるでしょう。

しっかりとしたコクがあり、タンニンが少ないので渋みも少ないです。味は繊細で奥行きがあり、豊かな余韻が飲んだ後も口の中に広がります。まろやかで上品な味わい、かつ水色も美しい。香り、渋み、味わい、コク、水色、どれもオールマイティーに楽しむことができます。強く個性的な味わいのウバやヌワラエリヤに比べて、マイルドで優しい香味となります。

ディンブラの入れ方

ディンブラはタンニンが少なく、渋みがないのでとても飲みやすいです。香り、コクなどのバランスも良いことから「紅茶の女王」とも呼ばれています。

飲み方としては、フルリーフタイプの場合は味わいが繊細なのでストレート向きです。ベーシックなストレートティー以外にアイスティーやアレンジティーもおすすめです。アイスティーにした場合、冷やしても白濁しにくく、口当たりも良いです。

アレンジティーの場合、ジャム、リキュール、ハーブ、シナモン、カルダモンなどを加えるなどのアレンジがおすすめで、毎回違う味わいを楽しむこともできます。ミルクやレモンなどを加えるのも良いでしょう。どんな飲み方でも美味しく飲むことができます。

ディンブラの効能

ディンブラにはポリフェノールが豊富に含まれています。抗酸化作用が高いので、体内から体を若々しく保つ力が増すと言われています。血管などもしなやかに強くなるので、動脈硬化が抑えられて脳卒中や心筋梗塞などの予防にもなります。

その他、インフルエンザの感染防止、アレルギーや虫歯予防にも効果があると言われています。目の疲れを取ったり、運動能力を高めたり、様々な効能があるようです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. ティーカップ
    紅茶とアンズのアーモンドクリーム入りの紅茶タルトの作り方タルト生地に紅茶の茶葉を加えた、大人向き…
  2. 紅茶の入れ方
    スリランカは紅茶の名産地スリランカはインドの南東にある島で首都はスリジャヤワルダナプラコッテです…
  3. 紅茶ビスケット
    ロングアイランドアイスティーは、アイスティーではない?!バーやラウンジでみかける、あの長いグラス…

紅茶の最新記事

PAGE TOP