紅茶の入れ方

ミルクティーに最適!アッサムティーの由来

アッサムティーはミルクティーに合う紅茶だとは何となく知っている方も多いのではないでしょうか。アッサムティーはコクがあり濃厚な紅茶独特の甘さがあるのでミルクティーに適しているのです。では、アッサムの名前の由来は何なのでしょうか。アッサムティーが収穫される産地や収穫時期についても詳しく見ていきましょう。

イギリス人による発見とアッサムの由来

アッサムティーの「アッサム」はインドの北東部のアッサム地方から名付けられました。このアッサム地方で収穫されるアッサムのお茶の木は最初からインドで広く栽培されていたわけではありませんでした。当時、中国茶をインドで栽培することを模索していたイギリス政府は、インドにロバート・ブルースというイギリス人を送ります。そのロバートが、1823年インドでアッサムのお茶の木を発見したことがアッサムティーの始まりでした。その後、ロバートの弟のチャールズ・ブルースが、そのアッサムの木のインドでの栽培と紅茶の製造に尽力し、成功させました。アッサムティーの大規模栽培と収穫が成功したことにより、本国イギリスへアッサムティーを大量に送ることができるようになったため、イギリスでアッサムティーが飲まれるようになりました。

アッサムティーの収穫時期

アッサム地方には平原があります。気候としては湿度が高く雨が多い土地です。アッサムティーは主に3月~11月に収穫されています。最良の品質の紅茶が収穫できる時期は、6月~7月です。その時期に取れるアッサムティーが味も香りもとても良い状態です。

アッサムティーはミルクティーに合う味

アッサムティーは味に深みがあり香りも力強いので、ミルクティーに適しています。イギリスでは一般的にスーパーで買った紅茶をマグカップに入れミルクティーで飲むことが多いですが、ミルクティーがこのように広まったのは、もしかしたらミルクティー向きのアッサムティーが、イギリスで飲まれるようになったこととも関係があるのかもしれませんね。

アッサムティーの木がイギリス人に発見されたものだとは知らなかった方もとても多いのではないでしょうか。今ではポピュラーになったアッサムティーですが、元々はインドの人々は、イギリス人に発見されるまでアッサムティーは飲んでいなかったのです。イギリス人が出会ったインドのお茶の木アッサム。ロバートがインドでアッサムの木を発見した時の驚きを考えながら、たっぷりのミルクを入れたアッサムティーを飲んでみるのも楽しいかもしれません。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    美味しくてついつい飲みすぎてしまう紅茶。紅茶を飲みすぎたら夜眠れなくなってしまった経験がある方も多い…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶店やティールーム、そして美味しい紅茶のブランドと言えば、フォートナム&メイソンやトワイニングなど…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶の誕生紅茶の樹は、紅茶やウーロン茶と同じツバキ科の常緑樹で、原種は中国の雲南省からチベット、…

紅茶の最新記事

PAGE TOP