紅茶のブランド

世界的に有名な紅茶のセイロンティーとアールグレイの種類と特徴

紅茶の一大生産地セイロンとは

セイロンとは、インドの南海上にある国「スリランカ民主社会主義共和国(スリランカ)」の昔の名称です。

元々はイギリスの植民地でした。1948年に独立してから1972年に現在の国名に変わるまで、この名称を使用していました。

かつてはコーヒーの栽培を行っていた地域ですが、統治国であったイギリスの紅茶文化を支えるため、国を挙げて紅茶の生産を盛んに行うようになりました。

スリランカは年間を通して20℃前後の涼しい気候が続き、雨季と乾季のメリハリがはっきりしているため、茶葉にとって良い環境が整っています。標高の高い地域ほど、良質な紅茶を栽培することができます。

現在、スリランカの紅茶の輸出量は20万トン以上で、世界2位の規模を誇ります。日本で飲んでいるセイロンティーの6割が、スリランカから輸入したものです。

セイロンティーの種類

スリランカで栽培されている紅茶は、茶園と加工場がある地域の標高によって、ハイグロウンティー、ミディアムグロウンティー、ローグロウンティーの3種類に分類できます。

それぞれの地域によって異なった味や香りの紅茶が育ちます。

ハイグロウンティー

標高1,200m~2,000mの最高地エリアで栽培している紅茶です。

味も香りも強く、最高級品と呼ばれる茶葉のほとんどがハイグロウンティーです。渋味も同様に強いため、ミルクティーとして飲む方法が最適です。個性が強く、コクの深い味わいを楽しめます。

代表的な紅茶
・ヌワラエリア
スリランカ中央部の山岳地帯に広がるヌワラエリアで栽培している紅茶です。霧の広がりやすい地域で、低温多湿な環境が上質な茶葉を生み出しています。

ほのかな甘い香りが特徴の、オレンジ色が綺麗な紅茶になります。セイロンティーと称して売られている紅茶の多くに、ヌワラエリア産の茶葉が使用されています。

・ウバ
スリランカ南東の高山地帯にあるウバで栽培している紅茶です。収穫できる茶葉は刺激的な香りと味わいから高級茶葉として名を馳せ、世界三大紅茶の一つとして有名です。

個性的な風味を持つため、飲む人によって好みが分かれます。初心者よりも紅茶に慣れ親しんだ紅茶通の人たちに好まれる逸品です。

・ディンブラ
スリランカ西部の山岳地帯に広がるディンブラで栽培している紅茶です。ウバと並ぶセイロンティーの代表格で、「セイロンティーの王様」と称されます。

滑らかな甘さとバラのような芳醇な香りが特徴的です。ミルクや果汁など様々な味にもバランスよく適応します。現地では日常的に飲まれる定番の紅茶として人気です。

ミディアムグロウンティー

標高600m~1,200mの中間的な地域に位置するエリアで栽培している紅茶です。
味と香りのバランスが良く、癖のない安定した紅茶が多いです。ストレートティーでもミルクティーとしても楽しめる種類が揃っています。

代表的な紅茶
・キャンディ
スリランカ中央部のキャンディ地域で栽培されている紅茶です。この地域は15~19世紀に栄えたキャンディ王国の現存する最後の古都でもあり、歴史ある土地で育った紅茶はスリランカを代表するミディアムグロウンティーとして親しまれています。

飲みやすい、控えめな薄味が特徴的で、アイスティーにすると美味しさが引き立ちます。甘い洋菓子との相性も抜群で、お茶会には欠かせない紅茶です。

ローグロウンティー

標高600m以下の低地で栽培している紅茶です。

薄味の茶葉が多いため、果汁や香料を混ぜて飲むのに適しています。

代表的な紅茶
・ルフナ
スリランカ南部にある熱帯雨林の地域で栽培される紅茶です。

黒い色をした茶葉は渋味が濃厚で、チャイやミルクティーとして飲むことが多いです。国内での流通は少ないですが、愛好家に人気の紅茶です。

アールグレイは、古くから世界中で親しまれてきたフレーバーティーの代表です。

過去のイギリス首相・グレイ伯爵の指示によって開発された紅茶ですが、開発に携わった紅茶店が特許の出願をしなかったために、アールグレイは誰もが自由にブレンドして販売できる紅茶として定着してきました。

そのため、様々な紅茶ブランドから、それぞれ異なった味や香り、特色を持つアールグレイが作り出されています。

トワイニングアールグレイ

紅茶の本場イギリスで発展してきた、300年もの長い歴史を持つ英国王室御用達の人気ブランドです。専門店だけでなく、スーパーなどでも手軽に購入できるため、幅広く愛され続けています。

トワイニングが作るアールグレイは、ベルガモットの香りがしかっりとついた、香料を重視する紅茶が特徴です。同じ柑橘類であるレモンやオレンジを混ぜることで、メリハリのある香りを作り出しています。

色合いも美しく、ストレートでもミルクでも楽しめます。

ジャンナッツアールグレイ

世界中の紅茶産地を旅して回り、本物の上質な紅茶の味を極めた、ジャンナッツ・ドレス氏によって作られたフランスの歴史あるブランドです。

スリランカのディンブラにある専用の茶園と製造工場で加工された、新鮮で上質な茶葉をふんだんに使用したアールグレイは、鮮度も香りも申し分ない最上級紅茶です。

品質と飲みやすさを重視した、癖の少ないストレートティーとして楽しむことができます。

ディルマアールグレイ

ディルマはスリランカ出身の創設者メリル・J・フェルナンドによって作られた、上質で新鮮なセイロンティーを世界中に広めるために尽力している紅茶ブランドです。

使用する茶葉はセイロンティー100%。低地で栽培された、コクの強いしっかり安定した茶葉とベルガモットを掛け合わせた、濃い味わいを楽しめるアールグレイをブレンドしています。

ストレートではコクが強すぎると感じる場合は、ミルクティーにすることで、あっさりした香りとバランスのとれた美味しい紅茶を楽しめます。

ルピシアアールグレイ

日本を代表する紅茶ブランド・ルピシアは、世界中の良質な茶葉を輸入販売する紅茶ブランドです。新鮮な茶葉を使用して製造したオリジナルブレンドティーは、海外でも高い評価を受けています。

細かく砕いた茶葉を使用して抽出を簡単にした「ブレックファスト・アールグレイ」はミルクに抜群に合う味と香りです。

フォションアールグレイ

フランス・パリ発祥の食品メーカー、フォションでは、セイロンやアッサム、ダージリンなど様々な種類の紅茶を用意して、百貨店などに卸しています。

華やかで香り豊かなフレーバーティーの種類が豊富で、オリジナルブレンドのアールグレイも、香りに力の入った上質な紅茶に仕上がっています。

濃い色合いの紅茶は、ミルクを加えることでさらにコクが深くなり、まろやかな後味を楽しむことができます。

ロイヤルコペンハーゲンアールグレイ

ロイヤルコペンハーゲンは、デンマークの陶磁器で有名なブランドです。日本ではライセンスを取得し、オリジナルのブレンド紅茶を製造・販売しています。

丁寧に作られたアールグレイは、新鮮なオレンジ・ペコーの茶葉を使用しているため、あっさりとした、渋味が控えめの味が特徴です。ベルガモットも甘味を重視した香りを使用して、爽やかな紅茶に仕上がっています。

海外では手に入らない珠玉の一杯を堪能できます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 人気の紅茶専門店
    豚ひれ肉の紅茶とライムリーフ蒸しの作り方豚ひれ肉を紅茶の香りで包んで蒸し上げた、おもてなしにもな…
  2. 紅茶の茶葉
    二ナス紅茶のフランス伝統の歴史1672年 ピエール・ディアズが「ラ・ディスティルリー・フレール」…
  3. 紅茶の入れ方
    産地で見る紅茶の歴史618年 唐代、陸羽が著した世界最初の茶書『茶経』にはこのように記さ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP