紅茶の入れ方

紅茶の種類-ルフナとは

ルフナとは

ルフナはセイロン島南部州原産の紅茶です。標高200m~700mで栽培されているローグロウンティーであり、セイロン紅茶の中で最も低い地域で栽培されています。

一般的に、低地は高地のような激しい温度差がなく気候の変動が少ないです。昼夜の寒暖差が激しい地域で生産されているため、ダージリンには華やかな香りが、アッサムにはコクのある強い風味など、それぞれ特徴を持った茶葉が生産されます。低地では寒暖差がないため、これといった特徴がない紅茶が出来上がります。そのため、ローグロウンティーには個性がないと言われています。しかし、ルフナには独特の味わいがあり、日本を含めた国外での人気が高いです。最大の輸出先であるロシアや中近東の国々で需要が高く、スリランカで作られる紅茶のうち60%以上が低産地のルフナが占めているという状態です。

ルフナの特徴

ルフナの紅茶はほのかなスモーキーフレーバーと、濃厚な重い渋みが特徴です。黒々とした茶葉から抽出される水色は深い濃赤色で、ミルクティーにも映える色です。香りは砂糖を焦がしたような甘い香りです。ルフナの多くは香りよりも味の強さが特徴的と言えます。

近年、ルフナ生産地が南北に二分割されたのですが、これは急激な茶葉生産量の増加に伴ってのことです。現在では南半分の地域の茶葉は「ルフナ」、北半分の地域の茶葉は「サバラガムワ」という名前で生産・流通しています。サバラガムワの生産地はルフナよりもやや高地にあたります。生産地が広大なことと、風味も若干異なることも、産地が二分割された原因の1つとも言えます。

栽培・収穫は一年を通して行われ、クオリティーシーズンは存在しないとされています。年に約15回、一度収穫してから20日程の時間を置いて、また収穫というペースで収穫が行われています。ただし、高品質なものが採れやすい時期はあります。1~3月、または8~10月頃が品質が良くなる傾向があるので、あえてクオリティーシーズンを挙げるとしたらその2回の時期になるでしょう。

ルフナの入れ方

ストレートティー、ミルクティー、アイスティーなど、どんな飲み方でも美味しく飲めるのがルフナの魅力の1つです。独特のモルティーフレーバー、砂糖を焦がしたような甘い香り、しっかりとしたコク、舌に転がる黒糖のような甘み。セイロンティーならではの透明感とコクと、すっきりとした後味を楽しみたいなら、アイスストレートティーが一番おすすめです。クリームダウンが起こりにくいので白濁しにくく、澄んだ水色が美しいです。すっきりとした後味も、アイスティーにするとより分かりやすく感じられます。

また、濃厚で個性のある風味はミルクティーにも最適です。ミルクを入れることで味わいが一気に変わり、マイルドなものになります。他のミルクティーでは味わえないような、ひと味違った風味を楽しむことができます。ルフナはローグロウンながらも個性的で味わいや渋みが強いです。ストレートでルフナは飲みにくいと感じたら、ミルクを加えて渋みを抑えると飲みやすくなります。

紅茶単独で飲んでも、お菓子と一緒でも、どちらも美味しいです。ルフナと相性の良いお菓子はクリームたっぷりのケーキや焼き菓子なので、ティータイムにおすすめの組み合わせです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の茶器
    喫茶店に行くと、ふと飲みたくなるコーヒーや紅茶。紅茶はコーヒーと並んで人気の飲み物の1つです。…
  2. 喫茶店
    紅茶で始めるダイエットとは誰でもダイエットに関心があるでしょう。健康ダイエットであれば一度は試し…
  3. ティーカップ
    紅茶のスノーボールクッキーの作り方ほろりと口でくずれる食感がおいしいスノーボールクッキー。フード…

紅茶の最新記事

PAGE TOP