紅茶の入れ方

紅茶の種類-べにふうきとは・国産紅茶

紅茶と言えばインド・スリランカ・中国原産がほとんどですよね。世界三大紅茶と言えば、インドのダージリン・スリランカのウバ・中国のキーマンがそれぞれ有名です。日本にもお茶はあるけれど、緑茶や番茶などほとんど日本茶のイメージしかないですよね。でも、日本にもれっきとした紅茶があります。日本の紅茶は「べにふうき」です。「べにふうき」はどこでどのように作られている紅茶なのでしょうか。

べにふうきとは

「べにふうき」=「紅富貴」は日本で栽培し収穫されて販売されている紅茶です。「べにふうき」を入れると美しい茶色が出ます。「べにふうき」の種類では緑茶も販売しています。緑茶の方にはカテキンが豊富に含まれています。同じチャノキですから、緑茶にも紅茶にもなるのです。産地は静岡や熊本などで作られています。オンラインで直接栽培しているところから直接買うこともできます。

べにふうきの味

インドとは違う日本の気候そのものが栽培に影響するためか、インドの紅茶のような自己主張が激しい渋みや香りが強く出ることなく、マイルドな繊細で優しい甘さの味わいになります。タンニンも少ないのが特徴です。「べにふうき」はメチル化カテキンを豊富に含んでいるため、アレルギー性鼻炎や花粉症に効きます。

べにふうきと水の関係

ヨーロッパのお水は、蛇口から出る水もほとんどが硬水です。そのため、日本の軟水で入れると、実際にヨーロッパで飲まれている味と少し変わってしまう場合が多いです。やはりヨーロッパで売られている紅茶はヨーロッパの水である硬水を念頭に置いてブレンドされているからでしょう。その点、「べにふうき」は日本の気候で育った日本の紅茶ですから、軟水で淹れてもその控えめな味と甘さが引きたつような味わいになっています。

日本はお茶の葉が栽培できて収穫できる国です。不思議かもしれませんが、お茶の消費量の多い国であるイギリスは、紅茶やアフタヌーンティーの文化が有名でも、イギリス国内ではお茶は栽培できないですし、収穫もできないのです。緑茶が栽培できるということは紅茶も栽培できるということです。日本の風土が生み出す日本の紅茶。せっかく日本の軟水にも合う紅茶なのですから、もっとこれから日本の紅茶も知っていって、世界にもアピールして、皆でもっともっと消費して飲んでいきたいですよね。「べにふうき」も紅茶の種類としていつも飲む紅茶のリストに入れてみてくださいね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 国産紅茶
    ティーバッグはお湯を注ぐだけでいいので楽に紅茶が飲めて、リーフはちょっと面倒だけど、贅沢に紅茶を楽し…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶の代表格ともいえる「紅茶花伝 ロイヤルミルクティー」から、この度、コラボ商品第2弾として「ももい…
  3. 紅茶の入れ方
    「花とゆめプラチナ」に第1話が掲載され、その後「別冊花とゆめ」で連載された漫画です。2016年8月に…

紅茶の最新記事

PAGE TOP