紅茶の入れ方

紅茶の種類-ラプサンスーチョンとは

ラプサンスーチョンの特徴

ラプサン・スーチョンの茶葉は、元々は薬として取引されていました。中国福建省の岩山に生える野生の植物で、体に良いとされている茶葉です。茶葉に湿気を与えて乾燥させるときに松の薪の煙を使い、松の精油の独特の香りをつけたことがラプサン・スーチョンの始まりだと言われています。ラプサン・スーチョンは「世界で初めて作られた紅茶」です。紅茶の生産国と言えばインドやスリランカを思い出すかもしれませんが、紅茶発祥の地は中国なのです。

松で香りづけされたラプサン・スーチョンはクセのある非常に強い香りが特徴的で、その強い香りだけでも好みが分かれ、飲む人を選ぶ紅茶です。「松の精油の独特の香り」を分かりやすく言うと、「正露丸のにおい」にそっくりです。何故かと言うと、正露丸に含まれる物質の1つ「クレオソート」の香りが、松の香りとほとんど同じ香りだからです。初めての人にはキツく感じる香りですが、意外にも味わいは奥深く、キツい香りからは想像出来ないほど飲みやすく、美味しく感じられます。

生産された茶葉のほとんどがイギリスへ輸出されているため、中国から日本へ輸出されることはほとんどありません。日本で販売されるラプサン・スーチョンのほとんどがイギリスを経由して輸入されたものです。欧米への輸出ようのものは香りづけが強く、中国国内向けのものは香りづけが淡いものが多く、全く香りづけされていないものもあります。

ラプサンスーチョンとは

イギリス王室にも献上されるほど高貴なお茶であり、イギリスでは人気のある茶葉の1つとなっています。考えられる理由は3つあります。

  • 生産地が限定されており、生産量も収穫量も少ない貴重なものだから
  • 成長した葉だけを使い、他の部分は捨ててしまうから(一般的なお茶では芽などの部分が使われる)
  • 製造過程が長く、市場に出るまでに手がかかるから

    生産量が少なく手に入りにくいのですが、独特な香りに魅了される人は後を絶ちません。一度はまったら抜け出せない、ラプサン・スーチョンの香りはそれほどまでに魅力的なのす。

    ラプサン・スーチョンの大きな特徴である正露丸のような香りも、硬水で入れることで和らぎ、飲みやすくなるという特徴があります。イギリスの水道水は硬水のため、ラプサン・スーチョンの香りが和らぎます。

    ラプサンスーチョンの紅茶の入れ方

    同じ中国紅茶であるキーマンに勝るとも劣らない繊細で上品な紅茶です。水色は褐色がかったオレンジ色で、ストレートでもミルクでも美味しく頂けます。なお、ヨーロッパでは別の茶葉にひとつまみ入れて、かすかな風味を楽しむという使い方もされています。

    ホットで飲む場合は、なるべく硬水を使うと良いです。ミルクなどを加えると香りが和らぐので、本場の飲み方に近づけることができます。お茶だけで味わいたい逸品ですが、クッキーやケーキ、サンドイッチなどとの相性が良いので、これらと一緒に頂いても美味しいです。

    アイスで飲む場合、軟水でも硬水でもどちらでも良いです。美しい水色を楽しみたいなら、鮮やかな色が出やすい軟水が良いでしょう。レモンなどで独特の風味を和らげることで、飲みやすい紅茶に仕上げることができます。

    紅茶   紅茶
  • 紅茶のピックアップ記事

    1. イギリスの紅茶
      北の国での雪の中で温かい最高の紅茶この時期はまだ雪が降るときも有る北海道・・・そんな時は観光がて…
    2. スージークーパー
      初夏の香りの紅茶のお菓子新緑が目にまぶしく感じられる初夏の季節には、すっきりとした紅茶でリフレッ…
    3. ティーポット
      ルピシアは、世界各国の産地から厳選した紅茶や烏龍茶、日本茶はもちろん、オリジナルのブレンドティーやフ…

    紅茶の最新記事

    PAGE TOP