紅茶の入れ方

紅茶の種類-ロイヤルミルクティーとは

カフェなどでよく見かけるロイヤルミルクティーですが、注文する時に、「ミルクティー」とどう違うのかなと考えてしまった人はいませんか?ロイヤルミルクティーは普通のミルクティーとは実際にはどのように違うのでしょうか。ロイヤルミルクティーの名前の由来は一体なんなのでしょうか。イギリス王室とは関連があるのでしょうか。イギリスでもロイヤルミルクティーは楽しまれているのでしょうか。知っているようで知らないロイヤルミルクティーの謎に迫ります。

ロイヤルミルクティーの名前の由来

イギリスで「ロイヤルミルクティー」を注文するとしたら簡単だと思いますよね。だって英語だから。そう思う方も多くいるかもしれません。でも、「ロイヤルミルクティー」とイギリスで注文したら、イギリス人は何のことかわからないでしょう。なぜなら、「ロイヤルミルクティー」という言葉は日本人が作った言葉、つまり和製英語だからです。イギリスには「ロイヤルミルクティー」という名前の飲み物は基本的に存在しません。

ロイヤルミルクティーとミルクティーの違い

ロイヤルミルクティーは、ミルクティーとは作り方が違います。ミルクティーは淹れた紅茶にミルクを注いで入れてかき混ぜて飲むのに対して、ロイヤルミルクティーはミルクに紅茶の液を入れて、作ります。つまり、インドの「チャイ」とほぼ似たような製法なのですね。このような紅茶はイギリスでは特に区別はなく「チャイ」として扱われるのでしょう。

ロイヤルミルクティーの作り方

基本的にチャイと似た作り方ですが、違った作り方としては、水と牛乳を同量で用意して火で沸騰させ、そこにあらかじめお湯で淹れておいた紅茶を注いで作るというのが、紅茶の茶葉と牛乳や水を一緒に煮だすという作り方が多いチャイとは、そこのところが違うかもしれません。

ロイヤルミルクティーという名前が日本で作られた、と聞いて驚かれた方も多いのではないでしょうか。イギリスに行かれた時には「ロイヤルミルクティー」と間違って注文しないように気を付けてくださいね。ただ、もしイギリス人の友達ができたら、日本にはこんなミルクティーがある、とロイヤルミルクティーの特徴や作り方を教えてあげて、それで国際交流してみるのも楽しいと思います。新しい日本の文化を輸出してみるのも、日本の文化の印象を広げることになり、面白いかもしれませんね。日本の紅茶文化のひとつとなっている日本独自の紅茶の名前、ロイヤルミルクティー。日本の文化を考える時に、日本に広まっている紅茶文化の歴史や発展も一緒に考えると楽しいですね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の茶器
    喫茶店に行くと、ふと飲みたくなるコーヒーや紅茶。紅茶はコーヒーと並んで人気の飲み物の1つです。…
  2. 喫茶店
    Abend(アーヴェンド)店舗詳細住所:〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原1-8-1…
  3. スージークーパー
    創業当時の紅茶は、舶来品を代表する飲料であり、最高級の商品でしたので、一般家庭で飲まれることはありま…

紅茶の最新記事

PAGE TOP