紅茶

ウーロン茶やカフェインレスのティー5選【寝る前も大丈夫!】

ウーロン茶とは

緑茶と紅茶とウーロン茶は味が違いますね。でも、緑茶も紅茶もウーロン茶も同じ種類の木の茶葉から作られているのをご存知ですか。ではウーロン茶と紅茶はなぜ、そしていったいどのように違うのでしょうか。色も少し違いますよね。色はウーロン茶の方が濃いですが、でも緑茶ほどは違いませんね。ウーロン茶も紅茶も緑茶も同じ木から作られている兄弟のようなものです。では、ウーロン茶と紅茶はどうして違うのでしょうか。詳しく違いを見ていきましょう。

ウーロン茶の作り方

紅茶もウーロン茶もそして緑茶の同じチャノキ:学名カメリア・シネンシスの茶葉です。紅茶とウーロン茶の決定的な違いは、その製造方法です。ウーロン茶はチャノキの茶葉を半分だけ発酵させ、発酵途中で加熱させることによりその発酵を止めた半発酵茶であるのに対して、紅茶はチャノキの茶葉を完全に発酵させたうえで乾燥させて仕上げた発酵茶です。つまりどれも製造方法が違うだけで同じ種類の木から作られたお茶なのです。

ウーロン茶の効果

色々なところで話題になっていきている緑茶に含まれる緑茶カテキンですが、半発酵茶のウーロン茶は途中で発酵を止めてしまうためカテキンはそんなに含まれていません。ただ、ウーロン茶にはウーロン茶特有のポリフェノールが含まれています。紅茶などにも含まれるポリフェノールであるタンニンのように、ウーロン茶には半発酵する際にできる特有のポリフェノールであるウーロン茶ポリフェノールが特に含まれており、そのウーロン茶ポリフェノールがダイエットに役立ち、脂肪燃焼の効果が期待できるのです。この特有のウーロン茶ポリフェノールはお茶の中でもウーロン茶にしか含まれていません。ただカフェインも含まれているので、飲みすぎには注意しましょう。

ウーロン茶の原産地と由来

ウーロン茶は主に中国の広東省、福建省、そして台湾で収穫されています。ウーロン茶(烏龍茶)の名前の由来は、中国広東省で収穫されるお茶の色が鳥のように黒いことから、またその茶葉の曲がりくねった様子が龍のようだからとも言われています。

ウーロン茶と紅茶は、味わいは違うけれど、兄弟のようなお茶だと分かっていただけましたでしょうか。紅茶・ウーロン茶そして緑茶も含めると三兄弟ということになりますね。それぞれの味わいの特性を活かして、それぞれのお茶をこれからも毎日楽しんで美味しく飲んでいきましょう。適量を飲んで、毎日お茶で健康に過ごしたいですね。

紅茶に含まれているカフェインの作用が色々と注目されてきました。それと同時に、やはりカフェインの取りすぎは体には良くないものという考えも浸透してきました。特に妊婦さんやご病気を抱えている人など、中にはカフェインを控えた方がいい人もいらっしゃいますよね。カフェインは気になるけど、のどが渇いた時や一息つきたい時に、気分転換としてお茶はやっぱり飲みたくなるものです。そんな時にぴったりなのがカフェインの入ってないノンカフェインティーです。ノンカフェインティーと一口に言ってみても、どんなものが一体ノンカフェインなのでしょうか。代表的なノンカフェインティーをいくつかご紹介します。

カフェインレスの紅茶ハーブティー

ハーブは植物ですので植物からできたお茶のハーブティーは、ノンカフェインです。カモミールティーやペパーミントティーなどがそうですね。ハーブは気分を変えるアロマテラピー効果もありますし、用途に合わせて色々な種類のハーブを飲み分けたいですね。

カフェインレスの紅茶ルイボスティー

南アフリカ原産のこのお茶は紅茶とは木の種類が違うため、カフェインを含みません。子供や妊婦さんでも安心して飲めます。フレーバーを付けたフレーバールイボスティーなども様々なフレーバーが色々と出ていますので、色々なフレーバーを試してお気に入りのルイボスティーを見つけたいですね。

カフェインレスの紅茶麦茶

日本の夏のイメージの麦茶ですが、麦からできているお茶なので、ノンカフェインです。ミネラルを含んでいて、暑い夏にはぴったりのノンカフェインティーです。また、オルツォと呼ばれるイタリアの麦茶もノンカフェインです。

カフェインレスの紅茶コーン茶

とうもろこしから作られたお茶、コーン茶もノンカフェインです。鉄分を含むので、女性の味方です。韓国でよく飲まれています。利尿作用や整腸作用があります。麦茶のようにアイスでも飲めますね。

カフェインレスの紅茶ジンジャーティー

生姜からできているジンジャーティーもノンカフェインです。生姜ですので、ちょっと癖がありますが、体を温める効果がある生姜の成分が入っていますので、冷えなどの対策に期待できます。ジンジャーティーの中には、紅茶にジンジャーを加えたものもあります。その場合はノンカフェインではない場合がありますので、ハーブティーや紅茶専門店で確認されて探してみてくださいね。

カフェインレスの紅茶の効果

知れば知るほどまだまだ他にもたくさん種類があって奥が深いノンカフェインティー。世界中にはまだまだ知らないノンカフェインティーが色々と存在するでしょう。紅茶を飲むのも良いけれど、時には体にやさしいノンカフェインティーを飲んでみるのも良いかもしれません。最近カフェインを取りすぎてるかな?と思ったら、ノンカフェインティーに少しの間だけ切り替えてみるのも良いですね。色々とお好みに合わせて、種類も豊富なノンカフェインティーをたくさん味わって飲んでみてくださいね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. ティーセット
    少しのアルコールで紅茶が変わるほっと一息つきたい夜。お酒をいっぱい飲むのは気が引けるけど、アルコ…
  2. 紅茶の入れ方
    「アメリカはコーヒー」というイメージが強いですが、数は少ないながらも、高い評価を受けている有名ブラン…
  3. 紅茶の効果
    ベルガモットとは実の大きさはレモンほどでその実の皮から精油が作られます。すこし緑かかった精油の色…

紅茶の最新記事

PAGE TOP