紅茶の入れ方

紅茶の種類-ウバとは

ウバとは

スリランカ島で育てられているセイロンティーの中で、おそらく最も有名な紅茶の1つです。

ウバ茶葉はスリランカのウバ州の高地で生産されており、ダージリン、キーマンと並ぶ「世界三大紅茶」の一つです。スリランカ島の中央山岳地帯の東側が産地となっています。

産地の気候は昼間は気温が高いですが、夜は冷涼とした空気で寒く感じるくらいです。昼夜の温度差が激しいお陰で、霧が発生しやすい地域です。そのため、バラやスズランの花香の甘い刺激的な「ウバ・フレーバー」が作り出されるのです。バラの花のようなほのかな甘い香りの上に、爽やかな香りを伴うものが上質種とされていますが、スモーキーな香りの茶葉もあり、茶園や収穫時期などによって香りにかなりの違いが出てきます。

特徴的な味わいと渋みを含む強い味わいのため、好みの分かれやすい紅茶でもあります。紅茶の香りの比較を楽しみたい人に向いているとも言えます。

ウバの特徴

スリランカでは茶園の位置する標高で紅茶を区分しています。標高1200メートル以上の茶園で栽培される高地産茶をハイグロウンティーと呼び、標高600〜1200メートルの茶園で栽培される中地産茶をミディアムグロウンティー、標高600メートル以下の茶園で栽培される低地産茶をロウグロウンティーと呼びます。

ウバは標高が高いところで栽培されているので、ハイグロウンティーに分類されます。高地産のハイグロウンティーであるウバは、最高級品とされています。

ウバの収穫時期

ウバ茶は一年中収穫が行われています。クオリティーシーズンは乾期に当たる7~9月頃です。一般に紅茶はクオリティーシーズンの方が品実が高いと言われていますが、ウバの場合は非常に顕著だと言えます。収穫時期はもちろんのこと、茶園や年度、ロットによっても香りが大きく異なります。これもウバの特徴の1つです。クオリティーシーズンの最上のウバ茶は、爽快な香りも深い味わいも、全てが豊かな極上の茶葉と言えるでしょう。

ウバの入れ方

ウバ茶はストレートで飲むことをおすすめされていて、その理由の1つが「ゴールデンリング」を楽しむためです。「ゴールデンリング」とは、カップに注ぐと水面のふちが金色の輪のように映りこむことを指します。濃い深紅色の水色に浮かぶゴールデンリングは美しく、ウバ茶の楽しみ方の一つとなっています。

紅茶本来の味や香りを楽しむならストレートですが、マイルドなミルクティーもおすすめです。優しいミルクの味わいと、ウバ茶独特の紅茶にしては珍しいメントールのような香りが混ざり合い、普通のミルクティーとは違った個性的な紅茶になります。飲んだ後の口残りもよく、非常に上品な印象のミルクティーを楽しめます。1杯目はストレート、2杯目はミルクティーといった入れ方で、異なる味や香りを楽しみながら頂くのはいかがでしょうか。

また、水出しも出来るのでアイスティーもおすすめです。ホットよりもメントールのような清涼感を感じることができます。甘みと清涼感のある味わいで、特に夏に飲みたい紅茶と言えるでしょう。

ウバの効果・効能

他の紅茶と同様、ウバ茶にも様々な効能があることが分かっています。タンニンが普通の紅茶よりも多く含まれていまるので、ダイエットやコレステロールの抑制、新陳代謝の促進等の効果が期待できます。強い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれる効果もあります。また、開いた毛穴や皮脂腺を引き締め、メラニンの増殖を防いでくれるといった美白効果まであります。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    産地で見る紅茶の歴史618年 唐代、陸羽が著した世界最初の茶書『茶経』にはこのように記さ…
  2. 紅茶の入れ方
    「紅茶花伝」はコカ・コーラの中でも有名なブランドです。レモンティーやアップルティー、ミルクティー…
  3. 紅茶の茶葉
    紅茶を楽しもうと思っても、市販のペットボトル飲料やティーバッグでしか飲んだことがない、どんな種類があ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP