紅茶のブランド

キャラメルミルクティーパンと紅茶とハチミツのお菓子レシピ

キャラメル好きにはたまらない、とろける美味しさのキャラメルミルクティー

飲んだことありますか?キャラメルの甘い香りの紅茶にミルクを注いでつくる、キャラメルミルクティー。疲れたときなどに飲むと、心がときほぐされるように美味しく感じます。フレーバーティが主流のフランスには、キャラメルミルクティーのティバッグが普通に売られていたりするそう。でも実はこのキャラメルミルクティー、自分でつくった方がはるかに美味しいのです。

ミルクパンでつくる自家製キャラメルミルクティーの作り方

1杯あたりの分量の目安は、砂糖大さじ1~2、紅茶葉小さじ2、牛乳200ml。ミルクパンに砂糖、砂糖と同量の水を入れて砂糖を焦がしていきます。あとから牛乳で薄まるので、しっかり濃い目に焦がします。そこへ牛乳を投入。キャラメルがジュッとはねるので気をつけて。紅茶の葉を入れ、あとは沸騰直前まで温めたら、フタをして2~3分蒸らします。茶葉を漉しながら、ティカップに注ぎましょう。うっとりするようなキャラメルミルクティーの出来上がりです。

キャラメルミルクティーのパンの作り方

キャラメル味のスイーツ、大好きな方は多いと思います。ご紹介するのは、キャラメル風味のミルクティーパン。キャラメルミルクティーをパンにしたイメージです。キャラメルのお菓子というと、お砂糖を焦がして作るキャラメルソースやキャラメルクリームを使ってつくるのが一般的です。でも市販の粒キャラメルを使えばとっても簡単。ただ甘いだけではない、大人好みのスイーツパンです。

材料(パウンド型1台)

強力粉 200g

砂糖 30g

塩 3g

バター25g

インスタントドライイースト 3g

牛乳 170ml

紅茶ティバッグ 2袋

市販の粒キャラメル(溶かす用) 60g

市販の粒キャラメル(粗みじん)30g

作り方

1小鍋に牛乳とティバッグを入れ、弱火にかける。沸騰直前まで温まったら、火からおろして5分ほどおく。ティバッグをぎゅっと絞って濃いミルクティーをつくる。熱いうちに、溶かす用の粒キャラメルを加えよく溶かす。30度くらいに冷ます。

2バターは室温にもどして、やわらかくしておく。

3粒キャラメルを粗みじん切りにする。

4ボウルに強力粉、砂糖、塩を入れて泡だて器で均一に混ぜ合わせる。インスタントドライイーストを加えて、混ぜ合わせる。

5 4に1を加え、手で混ぜてひとまとめにする。

5台に取り出し、手のひらでこすりつけるようにしながら生地を伸ばす。生地をまとめ、向きを変えてまた生地を伸ばす。繰り返しているうちに、べたべたしていた生地が手につかなくなる。

6伸ばした生地の上にバターをのせ折りたたむようにして包みこみ、生地をよくこねる。なめらかになり、ツヤが出てくる。

7生地を広げ、3のキャラメルを全体に散らし、均一に混ざるようによくこねる。

8生地を丸めてボウルに入れ、ラップをかける。温かい場所で2~2.5倍くらいの大きさに膨らむまで発酵させる。

9生地を台に取り出す。麺棒で、型の長さに合わせて生地を円形に伸ばす。手前からゆるめに巻き、巻き終わりを下にして型に入れる。

10固く絞ったぬれ布巾をかけ、温かい場所で二次発酵させる。

11 オーブンを180度に温める。

12 180度のオーブンで約25分焼く。

ポイント

キャラメルを紅茶液に入れるときは、よくかき混ぜて溶かしましょう。きれいに溶けない場合は、少し電子レンジで温めて溶かします。

紅茶のハニーローフの作り方

ヨーロッパのホテルの朝食などで見かける、スパイス、ハチミツ、ドライフルーツがたっぷり入ったローフ。生地の材料は、粉と牛乳と粉だけ。バターなどの油脂は入っていません。ハチミツをたっぷり加えた、素朴でどこか懐かしいような味わいの甘いパン。薄くスライスして、バターをぬったりチーズをのせていただきます。

材料(20cmパウンドケーキ)

薄力粉 250g

ベーキングパウダー 小さじ1

砂糖 大さじ2

紅茶 小さじ2

シナモンパウダー 小さじ1

ジンジャーパウダー小さじ1

卵1個

牛乳 100ml

はちみつ 130g

カランツ、レーズン、干いちじく、プルーン、オレンジピールなどのドライフルーツ あわせて80g~100g

1干いちじく、プルーン、オレンジピールなどは、小さく切る。

2紅茶を細かく刻む。

3型に紙をしく。

4オーブンは160度に温める。

5ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、紅茶、スパイス類を混ぜ合わせる。

6 5の粉類の真ん中にくぼみをつくり、卵を加える。泡だて器で卵をくずしながら、牛乳を少しづつ加える。粉と少しづつ、混ぜ合わせる。

7ハチミツを加え、混ぜ合わせる。

8ドライフルーツを加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。

9型に流す。160度のオーブンで約50分焼く。

ポイント

入れるスパイス類は、シナモンとジンジャー以外にも、ナツメグやカルダモンなどもよく合います。じっくり低温でしっかり焼いたほうが美味しいので、竹串をさしてみて生地がついてこないかをチェックします。ドライフルーツはお好みのものを1種類だけでも。香ばしく焼いたナッツ類を入れるのもオススメです。

ハチミツ風味のタピオカミルクティーゼリーの作り方

はちみつのやさしい甘みが嬉しい、ミルクティーのゼリーです。タピオカを加えるだけで、アジアの屋台デザート風のデザートに。ガラスの器に入れると、ミルクティー色とタピオカの透明感が透けて見えてキレイです。食後のデザートにどうぞ。

材料(4人分)

タピオカ 40g

ゼラチン 12g

水 大さじ4

紅茶 大さじ1

熱湯 400ml

ハチミツ 大さじ6

牛乳 200ml

生クリーム 100ml

砂糖 小さじ1

作り方

1ゼラチンを水にふり入れ、ふやかしておく。

2熱湯に紅茶を入れ、濃いめに淹れる。

3ハチミツを加えて、混ぜて溶かす。

4ふやかしておいたゼラチンを加え、混ぜて溶かす。

5牛乳を加えて、混ぜあわせる。

6ガラスの器などに流し入れて、冷蔵庫で冷やし固める。

7ボウルに生クリームと砂糖を入れ、ゆるく泡立てる。ミルクティーの上に流す。

8タピオカを2時間ほど、水につけておく。

9湯を沸かし、タピオカの芯まで透明になってやわらかくなるまで茹でる(茹で時間は、タピオカの大きさによって変わる)。

10タピオカを冷水にとって冷ましてから、ざるに上げて水を切っておく。

11ミルクティーゼリーの上にタピオカをのせ、スプーンでゼリーとタピオカを混ぜながらいただく。

ポイント

タピオカを加えず、シンプルにミルクティーゼリーだけを作っていただいても。その場合は、ゆるく泡立てた生クリームを上に流すのがオススメです。プリン型で固めたものをお皿に出して、お好みのソースなどでデコレーションしてカフェデザート風に仕上げても美味しくいただけます。シンプルなゼリーなので、工夫次第でいろいろなシーンを演出できるデザートです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の種類
    紅茶好きが愛用する棒つきシュガー来客時、いつもと違ったティータイムを演出したいという人におすすめ…
  2. ピーチティー
    紅茶の茶葉が入ったクッキーはサクサクな食感が絶妙手作りお菓子の定番人気であるクッキー。チョコレー…
  3. 紅茶のワッフル
    紅茶フィナンシエの作り方マドレーヌと並んで、焼き菓子の定番であるフィナンシエ。コクのある風味とバ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP