喫茶店

ひんやり紅茶デザート、アールグレイ香る紅茶ババロアの作り方

ひんやり紅茶デザートでティータイム

紅茶の香りを楽しむクールデザートは、ティータイムにも、食事の締めくくりにもうれしいひと品ですね。ゼリー、ババロア、プリンなど、定番のお菓子に紅茶の香り付けをするだけで、ワンランク上の上品なデザートになります。紅茶風味のデザートを作るときは、なるべく濃く淹れた紅茶液を使うことが大切です。

アールグレイの香り高い紅茶のババロアの作り方

アールグレイの香り高い風味とこってりとしたクリームが合わさった、味わい深いクールデザートです。牛乳でしっかりと煮出した紅茶液を作って加え、ベージュ色のやさしい色合いのババロアにします。リング型で固め、いちごやブルーベリー、オレンジなどのさわやかな甘酸っぱさをまわりに添えるとテーブルが華やかな印象に。小さめのココット型で固めてフルーツを飾ってもいいですね。

【材料】直径18cmのエンゼル型1台分、8~10人分
(ババロア生地)
粉ゼラチン         大さじ1
水             大さじ3
卵黄            3コ分
砂糖            100g
牛乳            400cc
紅茶の葉(アールグレイ)  15g
生クリーム         200cc
ラム酒           大さじ1
サラダ油          適量

(飾り)
いちご、ブルーベリー、オレンジなどのフルーツ  適量
ミントの葉         適量

【作り方】
1.小さな容器に水と粉ゼラチンを入れて、ふやかしておく。卵は室温に戻して、卵黄だけボウルに入れておく。キッチンペーパーにサラダ油をしみ込ませ、型にまんべんなく塗っておく。盛り付ける皿は冷蔵庫で冷やしておく。
2.ボウルに入った卵黄に砂糖を加え、泡だて器で白っぽくもったりとするまで泡立てる。
3.鍋に牛乳を入れて火にかけ、沸騰直前に紅茶の葉を加えて軽く煮出して火を止める。蓋をしてそのまま2分蒸らす。
4.3を茶こしを通しながら容器に移し、少しずつ2のボウルに加えてよく混ぜる。鍋に移して火にかけ、木べらで絶えずかき混ぜながら、沸騰させないようにとろりとするまで火を通す。木べらについたソースに指で筋がつくくらいまで煮るとちょうどよい。
5.4が熱いうちに、1のふやかしておいた粉ゼラチンを加えて混ぜて、よく溶かす。
6.粉ゼラチンが完全に溶けたら、ザルを通して濾しながらボウルに入れる。氷水を入れたボウルかバットに浸けて、ゴムべらでゆっくり混ぜながら冷やしていき、すくってもったりと落ちるくらいまで冷やす。
7.別のボウルに生クリームとラム酒を入れ、6と同じくらいの固さまで泡立てる(7分立て)。クリームの半量を6のボウルに入れて泡だて器でよく混ぜてから、もう半量を加えてゴムべらでなめらかになるまで混ぜる。
8.1の油を塗った型に空気が入らないようにそっと流しいれ、冷蔵庫で1時間以上冷やす。冷えて固まったら、指先に水をつけ、ババロアの周りを軽く押えて型とババロアの間に空気を入れ、水でぬらした1の皿に、ババロアを返して型をはずす。好みで、いちごやブルーベリー、オレンジなどのフルーツとミントの葉を添える。

【ポイント】
アールグレイの葉を牛乳で煮出すときは、紅茶と牛乳の風味を損なわないように、牛乳を沸騰させないように煮て蒸らしてください。また、【作り方7】で生クリームは、【作り方6】のソースと同じ型さに泡立てて加えるとよくなじみます。紅茶のババロアを切り分けてから、生クリームにリキュールを少し加えたソースをかけても美味しいです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶には、等級が存在します。同じ産地や樹から採れたお茶でも製造工程の中でその大きさはバラバラになりま…
  2. 紅茶カップ
    からだ温め効果も期待できるシナモンミルクティーミルクティー好きの方なら、ぜひいろいろと楽しんでい…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶浪漫館 シマ乃店舗詳細住所:〒350-0065 埼玉県川越市仲町5-11TEL/FA…

紅茶の最新記事

PAGE TOP