紅茶の健康効果

簡単でおいしいリンゴとプルーンの紅茶クランブルのレシピ

イギリス生まれのクランブルの語源とは?

クランブルはイギリス生まれの食後デザート。クラムは「パン粉」、クランブルは「パン粉にする」という意味から分かるとおり、ちょっと大きめのパン粉状の生地。バター、粉、砂糖を手ですり合わせるようにして混ぜてそぼろ状にします。果物と一緒に組み合わせるのが定番です。

クランブルといえばリンゴのクランブル

クランブルといえば、いちばんポピュラーなのはりんごのクランブル。りんごの甘酸っぱさとホロホロしたクランブルが混ざり合い、絶妙な美味しさになります。りんごは砂糖少々であらかじめソテーしたり煮たり、または生のりんごをそのままクランブルと一緒に焼いても。どちらでもそれぞれ美味しく出来ます。りんごの甘酸っぱさ、りんごの美味しい汁がクランブルに染みた部分のやわらかさ、上のカリカリ部分の香ばしさ。ひとつのデザートに、美味しい要素がいっぱいあります。

クランブル生地をいろいろなお菓子に使う方法

クランブルのおなじみの使い方は、フルーツの上にクランブル生地をたっぷりのせてオーブンで焼いたもの。これ以外にも、マフィンやパウンドケーキなどの焼き菓子のトッピングとして使ったりもできます。またはチーズケーキの上にのせたり、アイスクリームやクリームデザートの上にのせたり。どんな組み合わせでも美味しいのがクランブルの魅力です。

素材を混ぜて楽しむクランブルのアレンジ方法

クランブル生地の中に、お好みの香り素材などを加えると、クランブルのバリエーションが広がります。レモン、ココア、シナモンなどのスパイス、ココナッツやアーモンドダイス、そして紅茶やコーヒーなどなど。お菓子の種類とトッピングのクランブルの種類を掛け合わせれば、無限にアイディアが広がります。

リンゴとプルーンの紅茶クランブルの作り方

リンゴとドライプルーン、そして紅茶風味のクランブルの組み合わせ。リンゴは生のまま加えますが、きび砂糖とレモン汁であらかじめ下味をつけておくことによって、ぐっと美味しくなります。寒い季節のとっておきのデザートです。

材料(20cmグラタン皿1台分)

りんご 3個

ドライプルーン(種なし) 5個

きび砂糖 大さじ3

レモン汁 大さじ1

〔紅茶クランブル〕

バター 100g

グラニュー糖 60g

薄力粉 160g

紅茶の葉 小さじ2

作り方

1りんご4つ割りにして皮と芯をとり、いちょう切りにする。ドライプルーンは、1つを3~4個に刻む。

2りんごとプルーンをボウルに入れ、きび砂糖とレモン汁を加えて手であえる。

3オーブンを190度に温める。

4紅茶の葉を細かく刻む。ボウルに薄力粉、紅茶の葉、グラニュー糖を入れ、均一に混ぜ合わせる。

5冷たいバターを1cm角に切ったものを4に加える。バターに粉をまぶしつけながら、指の先でバターを細かくしていく。両手をすり合わせるようにしながら、バターと粉をさらさらのそぼろ状にする。

6耐熱容器にバター(分量外)をぬる。2のりんごとドライプルーンを敷き詰めて平らにした上に、クランブル生地をのせる。

7 190度のオーブンで約30分、クランブル生地がきつね色にこんがりするまで焼く。

ポイント

クランブル生地をそぼろ状にするとき、そぼろの大きさにムラがあってもOKです。大小の粒があったほうが食感がよく、焼き上がりの表情も豊かになります。温かいうちにいただくデザートです。泡立てた生クリームやアイスクリームを添えるのもオススメです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    エディアール紅茶の創業者フェルディナン・エディアール1854年 パリ、マドレーヌ広場に食…
  2. 紅茶のケーキ
    ディルマのブランド創始者メリル・J・フェルナン1930年5月 セイロン西海岸の漁村ネゴンボで誕生…
  3. 紅茶の茶葉の種類
    紅茶の茶葉を使用したお菓子の中でも、プレゼント用に作ったり、記念日など特別な日に大切な一のために心を…

紅茶の最新記事

PAGE TOP