紅茶スコーン

アフタヌーンティーのティーフーズ、紅茶のスコーンの作り方

 アフタヌーンティーにはたっぷりのティーフーズのご用意を

1840年代にイギリスの第7代ベットフォード公爵夫人のアンナ・マリアが応接間で始めたといわれる「午後のお茶会」は、今では私たちにもとても身近なものになり、ご自宅でホームパーティとしてお茶のおもてなしをしたり、また時には、ホテルのティールームでのアフタヌーンティーを楽しまれる方もいらっしゃると思います。ホテルでのアフタヌーンティはさておき、ご自宅で主催する場合には、ホスト役の女主人は華やかで香りのいい紅茶を2~3種類、そしてたっぷりのティーフーズを用意するといわれています。ティーフーズはすべてを手作りにする必要はありませんが、いくつかだけでも、気の利いたお菓子を作ってお出ししたら、きっと話もはずみ、豊かな時間が流れるお茶会になりそうですね。

ティーフーズのあれこれ

アフタヌーンティーのテーブルには、3段トレイにあふれんばかりのティーフーズを並べます。決まりはありませんが、このようなものを用意するといいでしょう。

<サンドイッチ>
キューカンバーサンドイッチ(きゅうりのサンドイッチ)はポピュラーですね。薄切りのきゅうりにレモン汁をふりかけ、バターやサワークリームを塗ったパンにはさみます。あれば、小さく刻んだミントの葉もはさむと、さらにさわやかなサンドイッチになります。このほかに、チーズやスモークサーモンなどをはさんだものをプラスするとボリュームがでますね。

<スコーン>
バターの風味豊かなさくさくスコーンには、ベリージャムやクロテッドクリームを添えます。

<ペストリー・焼き菓子など>
生菓子やタルト、ビスケット、ショートブレッドなどの焼き菓子を用意します。ジャムを流したタルト、バターケーキにジャムをはさんだヴィクトリア・サンドイッチケーキや、野菜入りでヘルシーなキャロットケーキなどが人気があります。請ったものより、簡単で素朴な家庭的なものを用意します。

このようなティーフーズはすべて食べやすいように小さいサイズにして並べます。ホスト役は、紅茶のサービスや、お菓子が足りているかなど、ゲストに細やかな気配りをします。お茶を足すのはホスト役がすることで、ティーポットに触ってもいいのはホスト役だけです。

紅茶のスコーンの作り方

定番のスコーンを、紅茶の風味にしてつくってみましょう。バターがたっぷりと入ったリッチな味わいは、どなたにもよろこばれますね。粉は薄力粉でもかまいませんが、今回は中力粉を使ってカリッとした表面で中はしっとりとした口あたりにしました。

【材料】直径5~6cmの抜き型9コ分
中力粉        250g(薄力粉と強力粉を合わせてもよい)
無塩バター      50g
砂糖         50g
ベーキングパウダー  小さじ1
紅茶の葉       10g
卵          1コ
牛乳         80cc
打ち粉(強力粉)   適量

(つけあわせ)
いちごジャムなどのお好きなジャム  適量
クロテッドクリーム  適量

【作り方】
1.バターは1cm角に切り、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく。卵と牛乳は合わせて、よく混ぜ卵液をつくる。オーブンは200℃に予熱する。
2.粉とベーキングパウダーをボウルにふるい入れ、紅茶の葉(リーフティは細かく刻む。紅茶パックの場合は3袋分を加える)を加えて混ぜておく。
3.冷やしておいたバターを加えて、スケッパーで細かく切り込む。手のひらですり合わせ、米粒大になれば、砂糖を加えて混ぜる。
4.1の卵液を少しずつ加えて、まとめていく。まとまれば、卵液は加えず残しておく。打ち粉をした台に取り出し、なめらかになるまでこねる。
5.めん棒で暑さ2.5cmにのばし、丸型で抜く。残った生地も集めて、なるべく練らないようにまとめ丸型で抜く。
6.オーブンシートを敷いた天板に5を並べ、4の残った卵液を表面にハケで塗る。200℃のオーブンで15~20分焼く。ジャムとクロテッドクリームを添える。

【ポイント】
卵液を加えるとき、一度に加えないで、少しずつ加減しながら、生地がべたつかずにまとまるくらいに加えます。焼きたてがおいしいスコーンですが、冷めた場合はアルミホイルに包んで、160℃のオーブンであたためなおすといいでしょう。クロテッドクリームが手に入らない場合は、脂肪分の高い生クリームを砂糖を加えずにしっかりあわ立てたホイップクリームを添えてください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    「初めての一人暮らしでキッチン用品を揃えたい。」、「新居に合わせておしゃれなティーセットが欲しい。」…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶を飲まない人の中には、「紅茶に含まれる苦味や渋味が嫌い」という理由を挙げる人が多くいます。…
  3. 紅茶の茶葉
    二ナス紅茶のフランス伝統の歴史1672年 ピエール・ディアズが「ラ・ディスティルリー・フレール」…

紅茶の最新記事

PAGE TOP