ティーカップ

アーモンドの香りが贅沢な紅茶タルトのレシピ

紅茶とアンズのアーモンドクリーム入りの紅茶タルトの作り方

タルト生地に紅茶の茶葉を加えた、大人向きのタルト。タルトは生地とクリームを別々につくるのでちょっぴり手間がかかるお菓子ですが、ひとくち食べれば、手間をかけただけの美味しさを味わえるお菓子です。リッチなアーモンドクリームをたっぷり詰めて、アンズのシロップ煮を並べたタルトは贅沢な味わい。上には杏ジャムをぬって酸味とツヤもプラスして。特別なティタイムにぴったりなお菓子です。

材料(18cmタルト型)

〔タルト生地〕

バター 100g

粉砂糖 50g

卵黄 1個

薄力粉 150g

紅茶の葉 大さじ1

〔アーモンドクリーム〕

バター60g

粉砂糖 60g

アーモンドパウダー 60g

卵 1個

アンズのシロップ煮(缶詰) 1缶

アーモンドスライス 大さじ2

あんずジャム 大さじ3

ブランデー 大さじ1

作り方

1紅茶の葉を細かく刻む。

2バターを室温にもどしやわらかくしておく。

3ボウルにバターと粉砂糖を入れ、泡だて器ですり混ぜる。

4卵黄を2回に分けて加え、よく混ぜ合わせる。

5薄力粉と紅茶の葉を加え、ゴムべらで底から大きく混ぜ合わせる。

6ビニール袋に入れ、生地を平たく伸ばしながら円形に形を整える。冷蔵庫で1時間以上休ませる。

7アーモンドクリームをつくる。ボウルにやわらかくしたバターを入れ、泡だて器でクリーム状にする。粉砂糖を加えて練り混ぜる。卵を溶いたものを少しづつ加え、よく混ぜ合わせる。アーモンドパウダーを加え、粉気が見えなくなるまで混ぜ合わせる。

8軽く打ち粉をした台などの上に6をおき、麺棒で約5mm厚に伸ばす。タルト型より一回り大きいサイズまで伸ばしたら、型に敷きこむ。余分な生地を切り落とし、底全体にフォークで穴を開ける。

9アーモンドクリームをパレットで塗り広げる。アンズのシロップ煮を並べ、アーモンドスライスを上に散らす。

10 180度に温めたオーブンで、約30分焼く。

11杏ジャムをブランデーで溶きのばす。刷毛でタルトの上面に塗り、そのまま乾かす。

ポイント

タルト生地にもアーモンドクリームにも、グラニュー糖ではなく粉砂糖を使います。グラニュー糖より溶けが早いので作りやすいうえに、しっとり軽い食感に仕上がります。タルト生地は、伸ばす前に必ず冷蔵庫で休ませます。

紅茶タルト生地をつかった型抜きクッキーもおすすめ

紅茶風味のタルト生地は、多めにつくっていろいろな楽しみ方ができます。そもそもタルト生地はクッキー生地と一緒なので、これを型抜きクッキーにすることもできます。生地は冷凍保存もできます。とりあえず多めにつくっておいて、その日の気分でタルトを焼いたり、クッキーをつくったり。タルト生地ひとつで、お菓子づくりの楽しみも広がりそうです。

フロランタン風の紅茶タルトの簡単な作り方

タルト生地の上に、キャラメルソースにからめたアーモンドスライスが香ばしい焼き菓子。タルトとキャラメルソース、そしてアーモンド。小さいお菓子ながら、美味しい要素がギュッと集まった素敵な焼き菓子です。これを紅茶タルト生地で作れば個性的なお菓子に。生地を5mm厚さに伸ばした上に、はちみつ入りのキャラメルソースとアモンドスライスを塗り広げてこんがり焼いて。紅茶タルトにのせるキャラメルソースは、生クリーム多めのミルキーなソースがよく合います。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. ティーカップ
    紅茶のスノーボールクッキーの作り方ほろりと口でくずれる食感がおいしいスノーボールクッキー。フード…
  2. 紅茶タンブラー
    函館は文明開化とともに異国文化が入った街江戸時代も終盤、アメリカ海軍提督ペリーが黒船とともに横須…
  3. 紅茶の入れ方
    イギリスではデパートなどで「ティータオル」というものをよく見かけます。Tea Towel「ティータオ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP