昆布茶

カラメルオレンジムースをかけた紅茶プリンの作り方

紅茶と相性のよいオレンジ、レモン、グレープフルーツ

初夏の緑が濃くなる季節になると、オレンジやレモン、グレープフルーツといった柑橘類が数多く出回ります。旬のフルーツでまた季節が次の季節へと移ろうのを感じながら、その果物の一番熟したときを逃さずに、おいしくいただきたいものです。紅茶にも、収穫される時期で香り、風味、色が変化しますから、そのときでしか味わえない茶葉をゆったりとした気分で味わいたいですね。紅茶とレモンは言うまでもありませんが、オレンジ、グレープフルーツといった柑橘類と紅茶との相性は抜群です。たとえば、今の季節でしたら、旬のフルーツの絞りたてジュースに、そろそろ出回るダージリンの若葉の茶葉で入れたアイスティをブレンドにしたものなどを、ぜひお試しになってください。紅茶の香りのスペシャルジュースを、さわやかな初夏の風を受けながら飲むのは格別です。

カラメルオレンジムースをかけた紅茶プリンの作り方

甘夏、いよかん、清美オレンジ、ニューサマーオレンジ……オレンジといっても、様々なものが今旬を迎えています。そこで、フレッシュで甘酸っぱいオレンジ味のムースソースをたっぷりかけた、紅茶の風味豊かなプリンをご紹介します。ほろ苦いカラメル味のオレンジムースソースが、ミルキーな紅茶プリンによく合います。

【材料】直径8cmのココット型5コ分
(紅茶プリン)
卵        5コ
砂糖       150g
牛乳       300cc
紅茶の葉     10g
(ダージリン、アッサム、アールグレイなどお好みの茶葉)
バニラオイル   小さじ1/2

(カラメルオレンジソース)
グラニュー糖   50g
水        大さじ1
柑橘の果汁   100cc分
(市販のオレンジジュース可)
粉ゼラチン    2g
水        大さじ1
生クリーム    100cc

【作り方】
1.紅茶プリンを作る。ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えてよく混ぜる。
2.鍋に牛乳を入れて火にかけ、沸騰直前に紅茶の葉を加えて1分煮だし、火を止めてフタをして2分蒸らす。茶こしを使って、1のボウルに少しづつ流しいれて混ぜる。
3.ザルをとおして濾し、ココット型に等分して流しいれ、お湯を張った天板に並べる。160℃にあたためたオーブンで40分ほど蒸し焼きにする。オーブンから出したら、冷水につけて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
4.カラメルオレンジソースを作る。柑橘は絞って、果汁をとっておく。多きめのボウルに粉ゼラチンと水を入れてふやかしておく。
5.別の鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、回りから焦げてきたら、鍋をゆすってカラメルを作る。いったん火を止め、オレンジ果汁を加えて混ぜる。
6.再び火にかけて沸騰直前まであたため、4のゼラチンが入ったボウルに移して、よく混ぜる。冷水につけて、粗熱がとれてとろみがつくまでときどきかき混ぜる。
7.生クリームをゆるく泡立て、ゆるく固まった6のオレンジゼリーに加えて混ぜる。3の紅茶プリンにこんもりとのせる。

【ポイント】
カラメルを作るときは、砂糖をかき混ぜると白く再結晶化してしまいますので、必ず鍋をゆすって焦がすようにしてください。ゆるく固まったオレンジゼリーとホイップした生クリームの固さが同じだと、合わせたときになじみがいいです。柑橘の果汁を市販のオレンジジュースを使う場合は、甘さが強くなりますので、カラメルの砂糖を大さじ1ほど減らしてください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    「紅茶花伝」はコカ・コーラの中でも有名なブランドです。レモンティーやアップルティー、ミルクティー…
  2. 紅茶
    ヨーロッパ王侯貴族に愛された茶器ブランド ヘレンド(HEREND)ヘレンドは、1826年にハンガ…
  3. 紅茶のケーキ
    紅茶とドライフルーツがたっぷり入ったビスケットの作り方朝、昼、夜と一杯の紅茶でリラックスする毎日…

紅茶の最新記事

PAGE TOP