紅茶ビスケット

紅茶と生姜の焼き菓子とスパイスの紅茶シフォンケーキの作り方

お菓子に生姜をたくさん使う方法とは?

体を温める食材ナンバーワンの生姜。でもお菓子につかうとなると、どうしてもほんの少し香り程度な使い方がほとんどです。もっとお菓子に生姜を取り入れるには?辛味を感じさせずに、マイルドな味わいで生姜味のお菓子をつくるには、どうしたらいいのでしょう?その答えは、生姜のシロップ煮です。

オレンジピールにも負けない美味しさの生姜のシロップ煮

オレンジピールやレモンピールもそのままで食べるには苦くて固い皮ですが、シロップで煮ることで見事に美味しいお菓子素材になっていますね。生姜も同じです。シロップでじっくり煮ることによって、甘みを浸透させながらやわらかくしていきます。こうすることで、おいしいお菓子素材として生まれ変わります。しかも体を温めてくれる生姜の効能はしっかりそのまま。

生姜シロップの紅茶割りと自家製ジンジャーエール

生姜のシロップ煮のシロップには生姜エキスがたっぷり含まれています。お菓子に入れたり、ドリンクにしたりして最後まで使えます。特にドリンクは、簡単に美味しく生姜シロップを楽しめるのオススメ。冬なら熱々の紅茶で割ったり、お湯で割ったり。夏には炭酸水で割ってジンジャーエール風に飲むのは、冷え性対策にも効果的です。

生姜のシロップ煮の作り方

生姜 100g

水 200ml

砂糖 100g

作り方

1生姜の半量を皮ごとすりおろす。残り半量は、3mm厚さに切ったものを細かいみじん切りにする。

2鍋に水、砂糖、1を入れて弱火にかける。沸騰してから約10分ほど、じっくりと煮る。そのまま冷まし、保存容器に入れて冷蔵庫で保存する。

生姜のシロップ煮と紅茶の焼き菓子の作り方

生姜のシロップ煮をたっぷり使った焼き菓子です。おろし生姜とシロップを生地に入れ、トップにはみじん切りを散らして。生姜のぴりっとした風味を、紅茶の香りがマイルドにしてくれます。アーモンドパウダーでコクを出しつつ、コーンスターチを使うことで軽やかな食感に仕上がります。

材料(18センチパウンド型)

生姜のシロップ煮のみじん切り 大さじ2

生姜のシロップ煮のシロップ 大さじ3

バター

80g

きび砂糖 40g

アーモンドプードル 100g

コーンスターチ 60g

卵黄 2個

卵白 2個

グラニュー糖 30g

作り方

1バターは室温にもどしてやわらかくしておく。

2型にオーブンペーパーをしく。

3オーブンを180度に温める。

4ボウルにバターを入れ、泡だて器でクリーム状にする。きび砂糖を加え、ふわっとするまですり混ぜる。

5生姜のシロップ煮のシロップをおろし生姜ごと加え、混ぜあわせる。

6アーモンドパウダーとコーンスターチをあわせてふるい入れ、ゴムべらで底から大きく混ぜ合わせる。

7別のボウルに卵白を入れて泡だて器で泡立てる。泡がたってきたら、グラニュー糖を少しづつ加え、角がたってピンとしたメレンゲをたてる。

8 5にメレンゲを3回に分けて加える。1回目は、ゴムべらでよく混ぜ合わせる。2回目と3回目は、できるだけ泡を消さないようにさっくりと混ぜ合わせる。

9型に流し入れ、生姜のシロップ煮のみじん切りを上に散らす。180度のオーブンで約30分焼く。

ポイント

お好みできび砂糖の代わりに黒砂糖を使っても生姜紅茶の風味とよくあいます。メレンゲを生地に加えるとき、1回目はしっかり混ぜてなじませておくことが大切です。その後に加えるメレンゲの泡がつぶれずに済み、ふんわりした生地が出来上がります。

紅茶とスパイスのシフォンケーキの作り方

ふわふわで食べやすいシフォンケーキは老若男女に好まれるケーキ。いろいろなフレーバーを楽しめるのも、人気の理由のひとつです。バニラシフォン、バナナシフォン、チョコレートシフォンなどは小さなお子さんが大好きな味。対して紅茶&スパイス風味のシフォンは、大人好みのシフォンです。とくに紅茶にスパイスが加わった味は男性にも人気です。

材料(20cmシフォン型1台分〕

紅茶(アールグレイ)茶葉 大さじ1

スパイスミックス(シナモンパウダー、ジンジャーパウダー、ナツメグパウダー、カルダモンパウダーを好みでブレンドしたもの、小さじ11/2)

薄力粉 140g

ベーキングパウダー 小さじ1

卵黄 5個分

なたね油 80ml

水 110ml

卵白 230g(約6個分)

グラニュー糖 130g

塩 少々

作り方

1卵白をボウルに入れ、冷蔵庫で冷やしておく。

2紅茶の葉を細かく刻む。

3オーブンを180度に温めておく。

4薄力粉、ベーキングパウダー、スパイスミックスをあわせて、2回ふるう。

5ボウルに卵黄を溶きほぐし、グラニュー糖の半量と塩を加える。泡だて器で白っぽくもったりするまで泡立てる。

6サラダ油を糸状に少しづつたらし入れながら、泡立てる。2の紅茶液110mlを少しづつたらし入れて、泡立てる。

7 3の薄力粉とベーキングパウダーを少しづつふるい入れ、泡だて器でぐるぐると混ぜ合わせる。紅茶の葉も加えて混ぜる。粉気が残らないようにしっかり混ぜ合わせる。

8 1の冷えた卵白を泡立てはじめる。ゆるく泡がたってきたら、残りのグラニュー糖を3回に分け入れて加え、しっかりとしたメレンゲをつくる。

9 6に7のメレンゲの1/3量を加え、泡だて器で混ぜてなじませる。メレンゲのダマが見えなくなるまでよく混ぜる。

10残りのメレンゲを加え、同じようにメレンゲのダマが見えなくなるまでよく混ぜ合わせる。

11最後に、ゴムべらで全体をなめらかに混ぜ合わせる。

12型に流し、180度のオーブンで約40分焼く。

13焼きあがったら、高さのある器などの上に型の中央部を置いて、逆さまにして冷ます。

14完全に冷めたら、生地を手で軽く押さえながらシフォンナイフ(またはパレットナイフ)で、外側の円周をぐるっと一周させて型からはがし、型を外す。

15内側の円周もぐるっと一周させて生地と型をはがす。

16底にナイフをあて、こすりつけるように力を入れながら、生地と型をはがす。

17逆さまにして型底を外す。

シフォンケーキづくりの成功ポイント2点

シフォンケーキのポイントは、卵白の泡立てと混ぜ加減です。水分や油分がついていると卵白がきれいに泡立たなくなってしまうので、きれいに洗って乾かしたたボウルでメレンゲを泡立てるように気をつけます。よくある失敗は、焼きあがったケーキに大きな空洞ができてしまうことです。これは卵黄生地とメレンゲを混ぜ合わせるときに空気が入ってしまったため、またはメレンゲの塊が残ってしまっていたためです。メレンゲの白い塊を残さないように混ぜましょう。また、型に生地を流すときに少し高い位置から入れると空気が抜けやすくなります。

紅茶とスパイスのシフォンケーキの美味しい食べ方

大人の香り漂うシフォンケーキには、ブランデーで香りづけたした泡立てた生クリームがとてもよくあいます。ケーキ全体に塗ると真っ白なケーキになるので、ちょっとした記念日ケーキなどにもなりますね。お好みで生クリームにもほんの少量のスパイスをふっても。合わせる紅茶は、スリランカのウバやディンブラなどがおすすめです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    良い紅茶を買ってみたけれど、口に合わない。贈り物でもらって仕舞ったままの紅茶の賞味期限が切れてしまっ…
  2. 紅茶の種類
    紅茶好きが愛用する棒つきシュガー来客時、いつもと違ったティータイムを演出したいという人におすすめ…
  3. 生のハーブティー
    夏になると食べたくなるキンキンに冷えた水ようかんや寒天。実は、意外に思われるかもしれませんが、あんこ…

紅茶の最新記事

PAGE TOP