紅茶のマナー

パイナップルティーケーキとパイナップルアイスティーの作り方

フルーツティーを食べるような、パイナップルティーケーキの作り方

普段のティータイムのためにお菓子作りをするなら、気取らなくて、飽きのこないものがいいですね。ストックの缶詰のフルーツを使えば、特別な材料を揃えなくても、見た目も華やかなケーキが手軽に作れます。ケーキ型の底にパイナップルをぎっしり詰め込んで、紅茶とスパイスの香りのするケーキ生地を流し込んだアップサイドダウンケーキは、ジューシーで、まるでパイナップルフレーバーの紅茶をいただくよう。最後にホイップクリームとさくらんぼも飾って、ちょっとクラシカルな雰囲気にデコレーションすると素敵です。

パイナップルティーケーキ
【材料】直径18cm丸型
卵           2コ
砂糖          80g
薄力粉         100g
シナモンパウダー    小さじ1

紅茶バック       3袋 (アールグレイがおすすめ)
しょうがのすりおろし  小さじ1
無塩バター       80g  (溶かしておく)
パイナップル        10枚 (缶詰)
(飾り)
ホイップクリーム    適量
さくらんぼ       適量 (缶詰)

【作り方】
1.型にオーブンシートを敷く。パイナップルは一口大に切り、型の底にぎっしり敷き詰める。バターは湯せんで溶かして、冷めないように湯せんのお湯につけておく(火は止めておく)。
2.ボウルに卵を入れて泡だて器でほぐし、砂糖を加えてもったりふわふわになるまで泡立てる。60℃くらいの湯せんにかけて泡立てると、泡立てやすい。ボウルの中の卵液に指を入れて、あたたかくなれば湯せんから外して泡立て続ける。
3.薄力粉とシナモンパウダーを合わせてふるいながら加え、ゴムベラでさっくり混ぜる。紅茶の葉、しょうがのすりおろしも加えて混ぜ、溶かしバターを散らすように加えたら、底からバターをすくいあげるように全体的に混ぜる。
4.1の型に流し入れ、170℃のオーブンで25~30分焼く。しばらく型に入れたまま冷まし、粗熱がとれたら型から出す。常温で冷まして、ホイップクリームとさくらんぼを添える。

【ポイント】底に敷くパイナップルは生のパイナップルを使ってもおいしいです。できるだけぎっしり敷き詰めると、ジューシーな仕上がりに。缶詰のシロップを利用して、ゼラチンや寒天で作ったゆるいゼリー液を冷めたケーキの上に塗ると、パイナップルの黄色がつやつやに輝いてとてもきれいです。

パイナップル入りのアイスティーの作り方

フルーツと紅茶の相性はとてもよく、いろいろな種類のフレーバーティーが売られていますね。もちろん、市販の紅茶もおいしいですが、家庭ではフレッシュなフルーツを使って、紅茶を楽しみたいですね。今回使ったパイナップルも、ぜひパイナップルアイスティーにもしてみましょう。リキュールを使えば、ティーカクテルになります。

【材料】 (グラス1杯分)
パイナップル        すきなだけ(缶詰だと1枚くらい)
はちみつかガムシロップ   20cc
好みの紅茶         120ccくらい
氷             グラスにいっぱい

【作り方】
1.パイナップルはナイフで細かく刻むか、ブレンダーなどでピューレ状にする。

2.お好みの紅茶を濃い目に淹れ、氷が入ったグラスにゆっくりと注ぐ。

3.1のパイナップルとはちみつかガムシロップを加えてまぜる。

【ポイント】
このアイスティーに、ジン、ウォッカ、焼酎などのリキュールを20~30cc加えると、飲みやすいカクテルになります。フルーツをいろいろとアレンジして、さわやかなフレーバーティードリンクをお試しください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶のお菓子
    人気の健康食プルーンビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なプルーンは、美容や健康に良い食べ物として…
  2. 紅茶タンブラー
    大好きな紅茶を外出先にも携帯できるティータンブラー「お気に入りの茶葉で自分好みの濃さに淹れた紅茶…
  3. 紅茶の茶葉
    血流の循環やデトックス効果を発揮してくれる野草茶や、日本古来の昔から受け継がれた身体に優しい薬草茶で…

紅茶の最新記事

PAGE TOP