家庭的な紅茶風味のマカロンメゾンのレシピ

紅茶風味のマカロンメゾンの作り方

フランスのマカロンは地方菓子です。日本で一番有名な、表面がツルツルの色とりどりのマカロンはパリのマカロン。まさに都会のマカロンです。フランスの各地方にさまざまなマカロンがあるように、各家庭で作られるマカロンにもいろいろなタイプがあります。家庭で作られるマカロンは、気取った感じがない素朴なお菓子。クッキーを焼くように、マカロンを気軽につくれたら素敵ですね。

材料(約25枚分)

ホールアーモンド 200g

粉砂糖 200g

紅茶葉 大さじ1

卵白 3個分

作り方

1オーブンを190度に温める。

2ホールアーモンド、紅茶の葉をフードプロセッサーで攪拌して、粉状にする。ボウルに入れて、粉砂糖の半量を加えて混ぜ合わせる。

3卵白を別のボウルに入れ、ハンドミキサーで泡立てる。泡がたってきたら、残りの粉砂糖を少しづつ加えながら、ピンと角がたったメレンゲを作る。

4 1を2に3回に分け入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせる。

5丸口金をつけた絞り袋に入れ、オーブンシートを敷いた天板に直径4cmくらいに絞り出す。

5 190度のオーブンで約10分焼く。

ポイント

ホールアーモンドを粉状にするときは、アーモンドパウダーほど細かい粉状にしなくてもOK。ゴマ粒くらいの大きさにします。

地方によって様々な表情をみせるフランスのマカロン

フランスには、地方によってさまざまな伝統的なお菓子があります。数ある地方菓子の中でも、マカロンはもっとも種類が多いお菓子。日本でいえば、お饅頭みたいな存在といえば分かりやすいでしょうか。基本材料は、卵白、砂糖、アーモンドパウダー。でも、レシピや混ぜ方、焼き方の違いにより、地方色豊かなたくさんのマカロンが存在します。

修道院生まれのマカロンはどんなマカロン?

ロワール地方のナンシーという街のマカロンは、修道院の修道女がつくったの始まりと言われる伝統的なマカロン。砂糖を煮詰めてシロップ状にしたものを加えています。ほかの地方のマカロンよりも薄べったい形をしているのも特徴。表面に散らしたスライスアーモンドが、香ばしくて美味しそう。いかにも素朴な雰囲気のお菓子です。

ボルドーの近くで生まれたワイン入りのマカロンの味とは?

ワインの産地として有名なボルドーのそばにある小さな村、サンテミリオンのマカロンも有名です。ワインの産地ならではの特徴は、ワインを加えている点。サンテミリオンのマカロンは、ふっくらやわらかい食感です。

北フランス生まれのハチミツ入りのマカロン

北フランスはアミアンのマカロンは、ハチミツ入りでねっちりした食感が特徴。卵白だけでなく、卵黄も加えています。ほかの地方のマカロンとはタイプの違う個性的なマカロンです。

世界中で愛されるパリのマカロン

いまや日本でもすっかりお馴染みのお菓子、パリ風マカロン。さすがパリ風だけあって、色、形、味わいとすべてにおいて洗練されています。洗練の理由は、もちろんその繊細な作り方。卵白をしっかり泡立てて、粉類と混ぜるときにもテクニックが必要です。オーブンで熱を加えたときに、生地の縁にピエ(足)と呼ばれる部分が出来上がるかどうかが、マカロンづくり成功ポイントのひとつ。自分でパリ風マカロンをつくれたら、ティタイムが嬉しくなりますね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 茶器やポット
    紅茶マフィンの作り方バター100g、卵2個使用。分かりすくて覚えやすいベーシックレシピのマフィン…
  2. 紅茶の効果
    パンケーキを自分で一から作ろうと思うと、材料の調合のちょっとした差で膨らまなかったり、べちゃっと仕上…
  3. 紅茶の入れ方
    水出し紅茶とは水出し紅茶は、常温以下の水を使用して茶葉の成分を抽出する紅茶です。アイスティーとは…

紅茶の最新記事

PAGE TOP