紅茶のケーキ

紅茶に添えたい、紅茶のビスケットとサブレの作り方

紅茶とドライフルーツがたっぷり入ったビスケットの作り方

朝、昼、夜と一杯の紅茶でリラックスする毎日。どんなに忙しくても、せめて一杯の紅茶を淹れて、一息入れたいですね。日々過ごしていると、嬉しいこと、悲しいこと、いろいろなことに遭遇します。一日元気に過ごせそうな笑顔の朝も、休む暇もなく忙しくしている昼間も、そして、ふとしたことで、なかなか寝つけない夜も、どんなときも、一杯のあたたかい紅茶と一枚のビスケットやサブレがあれば、どんなに心が落ち着くことでしょう。紅茶とともに暮らす方に、ぜひつくり置きしてほしいビスケットとサブレをご紹介します。

【材料】8×6cmの長方形 約6枚分
無塩バター        75g
薄力粉          200g
砂糖           80g
紅茶バック        1袋(アールグレイがおすすめ)
オレンジピール、クランベリー、レーズンなどのドライフルーツ (刻んで)大さじ2
卵黄           1コ分
水            大さじ2

【作り方】
1.バターは2cm角に切って、冷蔵庫でよく冷やしておく。紅茶の葉は、リーフティを使う場合は約2g計り、ナイフで刻むか、すり鉢でするかして細かくしておく。ドライフルーツは、1mmくらいの大きさに細かく刻む。
2.フードプロセッサーに1のバターとドライフルーツ、薄力粉、砂糖、紅茶の葉を入れて、サラサラの状態になるまで撹拌する。
3.卵黄と水を合わせて溶いたものを2に加えて5~10秒ほど撹拌し、そぼろ状になった生地を取り出し、ビニール袋に入れるか、ラップでくるんで冷蔵庫で1時間以上やきあませる。
4.打ち粉をした台の上に取り出し、1cm厚さにのばして長方形の型で抜くか、ナイフで切るかして6枚分とり、オーブンシートを敷いた天板に並べる。
5.フォークで3ヶ所ほど穴をあけ、200℃のオーブンで20~23分焼く。

【ポイント】
フードプロセッサーがない場合は、バターをカードなどで切りながら粉類と混ぜ、米粒状になったら、卵黄水と合わせてまとめてください。フードプロセッサーの場合も、手でまとめる場合も、卵黄水を加えたら、あまりこねずに素早くまとめるようにすると、さくさくの食感になります。焼き縮みを防ぐため、必ず生地は冷蔵庫で休めませてください。ドライフルーツは、細かく刻むほど生地とよくなじみますし、ドライフルーツの甘みがビスケットにでます。

いつでも焼きたてが食べられる紅茶サブレの作り方

生地を作って冷蔵庫(チルド室)で10日間ほど保存ができるので、食べたいときに食べたい分だけ焼くことができるサブレのレシピです。生地は多めにまとめて作りおきしておくと便利ですね。生地に入れる紅茶の葉も数種類分けて作っておくと、そのときの気分でお好きな紅茶のサブレが食べられます。

【材料】直径6cmの丸型・約13愛分
無塩バター        150g
砂糖           80g
アーモンドプードル    50g
薄力粉          260g
紅茶   バック     1袋(お好きな茶葉で)
卵黄           1コ分

【作り方】
1.ボウルにバターを入れて室温に戻しておく、泡だて器かハンドミキサーで、なめらかなクリーム状になるまで撹拌し、砂糖を加える。全体的に混ざったら、卵黄を加えてさらによく混ぜ合わせる。
2.別のボウルにアーモンドプードルと紅茶の葉を合わせて入れ、薄力粉をふるいながら加えて、泡だて器で全体をよく混ぜ合わせる。
3.2のボウルの中の粉類の真ん中をくぼませて1をゴムベラですくって入れ、さっくりと混ぜ合わせる。
4.3の生地がまとまれば台に移し、手のひらのつけ根で手前から向こう側に押し付けるようにして伸ばす。何回かくりかえし、なめらかな生地をつくる。
5.4の生地を平たく形をととのえてまとめ、ビニール袋に入れるか、ラップでくるんで、冷蔵庫で1時間以上休ませる。
6.生地を台の上に取り出し、めん棒で1cm厚さにのばして丸型で抜き、オーブンシートを敷いた天板に並べて200℃のオーブンで20~22分くらい、うっすらと色づく程度に焼く

【ポイント】
作り方はとても簡単で、何回も繰り返し作りたくなるビスケットとサブレは、粉の味がしっかりと味わえる、ざっくりとした焼き菓子です。シンプルな配合は紅茶ともよく合い、ティーブレイクには欠かせないお菓子だと思います。紅茶の香りもしっかりつけていますので、なおさらお気に入りの一枚になりますね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の保存方法
    アロマショップでおなじみの「生活の木」アロマショップとしてショッピングモールなどの一角に構えてる…
  2. 紅茶の入れ方
    「オレンジペコ」というと、紅茶の味のひとつだと思っていませんか?「オレンジ」だというからには何となく…
  3. 紅茶の入れ方
    紅葉は、500年前からの茶文化がある佐賀県に、2005年にオープンした日本紅茶専門店です。紅葉の店長…

紅茶の最新記事

PAGE TOP