紅茶のブランド

紅茶風味のサブレとオートミールクッキーの作り方

卵・乳製品・白砂糖をつかわない体にやさしい焼き菓子

バター、牛乳、生クリーム、卵に砂糖がたっぷりのミルキーな焼き菓子と紅茶のティータイムは、至福の時間といえますね。ただ、カロリーと体への負担が少し気になります。一日の食事バランスがとれていれば大丈夫なのですが、いつもはおいしく感じるのに胃にもたれたり、ちょっと体重がオーバーしてしまっていたり、たまには素朴な味のお菓子が食べたい気分だったり……そんなときは、体にやさしいお菓子でお茶の時間にしてみましょう。今回はハーブティーもミックスして、香りがさらにさわやかに漂う焼き菓子にしました。ハーブティーと紅茶の香りのサブレとオートミールクッキーで、とっておきの癒しのひとときをお過ごしください。

アッサムとジャスミン茶とクランベリーのさくさくサブレの作り方

アッサムの茶葉と甘酸っぱいクランベリーを練りこんださくさくサブレのレシピです。型抜きもいらない、初心者の方でも手軽に作れるレシピです。

【材料】直径3cmのもの約20枚分
薄力粉(全粒薄力粉)     100g
アーモンドプードル      30g
きび砂糖           30g
ベーキングパウダー      小さじ1/2
茶葉(アッサム)       大さじ1
茶葉(ジャスミン)      大さじ1
クランベリー         20g
ココナッツオイル       70cc(菜種油、グレープシードオイルなどでもOK)
メープルシロップ       大さじ2(はちみつでもOK)
無調整豆乳          大さじ2

【作り方】
1.茶葉とクランベリーは細かく刻む。
2.ボウルに薄力粉、アーモンドプードル、きび砂糖、ベーキングパウダーを入れてゴムベラで均一になるようによく混ぜ、1を加えて混ぜる。
3.別のボウルにココナッツオイルとメープルシロップ、豆乳を入れてよく混ぜる。
4.2のボウルに3を流しいれ、切るようにさっくりと混ぜてまとめる。
5.生地を2等分して、それぞれを直径3cm×長さ20cmくらいの棒状にまとめてラップでくるみ、冷蔵庫で1時間以上冷やす。
6.オーブンを180℃に予熱する。5を1cm厚さに切り、オーブンシートを敷いた天板の上に並べ、15分ほど焼く。

【ポイント】
生地はラップにくるんだ状態で保存できます(冷凍庫可)。バターや卵を使った生地に比べるとまとまり方が弱いので、切るときに崩れる場合は手で形をととのえてください。茶葉とドライフルーツの取り合わせは、お好みでいろいろお試しになってくださいね。

ワインにも合う、ダージリンとカモミールのレモンオートミールクッキー

ざくざくしてカジュアルなイメージのオートミールクッキーを、ダージリンとカモミール、レモンの皮も入れて、どことなく大人向きのクッキーにしました。ワインのおともにもどうぞ。

【材料】直径4~5cmのもの約40枚分
薄力粉(全粒薄力粉)     100g
オートミール         80g
きび砂糖           30g
ベーキングパウダー      小さじ1/2
塩              ひとつまみ
茶葉(ダージリン)      大さじ1
茶葉(カモミール)      大さじ1
レモンの皮のすりおろし    大さじ2
ココナッツオイル       70cc(菜種油、グレープシードオイルなどでもOK)
メープルシロップ       大さじ2(はちみつでもOK)
無調整豆乳          大さじ2

【作り方】
1.オーブンを180℃に予熱する。ボウルに薄力粉、オートミール、きび砂糖、ベーキングパウダー、塩を入れてゴムベラで均一になるようによく混ぜる。細かく刻んだ茶葉、すりおろしたレモンの皮を加えて混ぜる。
2.別のボウルにココナッツオイルとメープルシロップ、豆乳を入れてよく混ぜる。
3.1のボウルに2を流しいれ、切るようにさっくりと混ぜてまとめる。
4.オーブンシートを敷いた天板の上に、ティースプーン山盛り1杯分ずつ置いて並べ、指で平たく成型する。
5.180℃のオーブンで、15分ほどきれいな焼き色がつくまで焼く。

【ポイント】
生地を指で成型するとき、薄くのばすと焼き上がりがパリパリになります。お好みで厚さを調整してください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    1984年に始まったこのブランドは、最初はほんの小さな会社でした。最高品質のアッサムティーのみを取り…
  2. 紅茶の入れ方
    フレーバーティーとはフレーバーティーは、茶葉に果物や花の香りを付着させた紅茶です。紅茶を飲む習慣…
  3. 紅茶のケーキ
    ディルマのブランド創始者メリル・J・フェルナン1930年5月 セイロン西海岸の漁村ネゴンボで誕生…

紅茶の最新記事

PAGE TOP