耐熱性ティーセット

冷え性対策の生姜紅茶と紅茶黒糖ロールケーキのレシピ

毎日とりたい、冷え性対策にオススメの生姜

冷え性で悩んでる女性は多いですね。体を温める食材はたくさんありますが、いちばん簡単で効果的な食材といえば生姜です。体の芯からぽかぽかにするためには、毎日少しづつ生姜を食べることが大切。生姜は、いろいろな方法で食生活に取り入れられるところが出来ます。料理、ドリンク、そしてお菓子にも使えば、少しづつ取ることができますね。

生姜と紅茶の黒糖ロールケーキの作り方

ご紹介するお菓子は、生姜と相性の良い紅茶を組み合わせたロールケーキです。砂糖も白砂糖ではなく、体を温める黒砂糖で。お菓子を食べて、少しでも体がぽかぽかになれたら嬉しいですね。

材料(30cm天板1枚分)

卵黄 3個分

卵白 3個分

黒砂糖(粒子が細かいタイプ)70g

薄力粉 50g

バター 20g

牛乳 大さじ1

生姜汁 小さじ1

〔紅茶クリーム〕

生クリーム 150ml

黒砂糖(粒子が細かいもの)15g

紅茶ティバッグ 1袋

熱湯 大さじ4

1天板にオーブンペーパーをしく。薄力粉を2回ふるっておく。

2オーブンを180度に温める。

3バターと牛乳を耐熱容器に入れ、湯せんで温めておく。

3ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。ゆるく泡がたってきたら、黒砂糖を大さじ2ほど加えて高速で泡立てる。残りの黒砂糖を3回くらいに分け入れ、そのつど高速で泡立てる。最後に低速で1分ほどゆっくり泡立てて、きめを整える。

4卵黄、生姜汁を加えて、ハンドミキサーの低速で全体を混ぜ合わせる。

5薄力粉をふるい入れ、ゴムべらで底から大きく混ぜる。

6 3の温かいバターと牛乳を2回に分け入れ、全体に混ぜ合わせる。底から混ぜるようにして、ツヤのあるなめらかな生地にする。

7天板に流し、カードで表面を均一にならす。

8 180度のオーブンで約10分焼く。

9紅茶ティバッグに熱湯を注ぎ、濃い目の紅茶液をつくる。ティバッグをぎゅっと絞って、紅茶エキスをよく出す。冷ましておく。

10ボウルに生クリームと黒砂糖を入れ、泡だて器で泡立てる。9の紅茶液を加え、とろりとした8分立てまで泡立てる。

11ロール生地のオーブンペーパーをはがす。大きめに切った新しいオーブンペーパーの上に、焼き色を上にしてのせる。

12クリームを生地の上に、パレットで全体に塗り広げる。

13生地を持ち上げ、くるくると巻く。巻き終わりを下にしてオーブンペーパーで包み、冷蔵庫で冷やす。

ポイント

黒砂糖は必ず粒子の細かいタイプを。生姜は、繊維が残らないようにおろし生姜をぎゅっと搾って汁だけを使います。

毎日飲みたい、生姜紅茶

生姜を毎日、気軽に取り入れるならドリンクがいちばん。知ってる方、すでに毎日飲んでいる方も多いかと思います。いちばん、簡単で美味しいのが生姜紅茶。すりおろした生姜を熱い紅茶に適量入れ、好みで黒砂糖やハチミツを加えます。朝にたっぷり作って保温携帯マグに入れておけば、外出先でも一日中飲みたいときに少しづつ飲めて、生姜効果が持続します。

ミルクティー派の方におすすめ、生姜ミルクティー

ミルクティー派の方なら生姜ミルクティーにしても。生姜の辛みがマイルドになって、生姜がちょっと苦手という方でも飲みやすくなるはず。ただし、生姜ミルクティーは作ってから時間がたつと、牛乳が分離して美味しくなくなることがあります。生姜紅茶を保温携帯マグからカップに注いで、そのつど温めた牛乳を入れるのがオススメです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶ビスケット
    本格派の美味しいアイスティーはこれからが旬!寒い冬も徐々に去って行き、桜が咲いてる今日この頃、段…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶は中国で不老長寿の霊薬として珍重され、その後イギリスを経由し、日本へとやってきました。紅茶には、…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶専門店に行くと、紅茶の種類だけでなく、フレーバーティーの種類が豊富で色々と迷ってしまいますよね。…

紅茶の最新記事

PAGE TOP