紅茶

和テイストがおいしい紅茶と和三盆のお菓子レシピ2選

和三盆の由来とおいしさの秘密

和三盆、ご存知ですか。そう、美しい木型で抜いた干菓子で有名な砂糖です。香川と徳島で今も伝統的な製法によって生産されている砂糖の一種で、ほかの砂糖とは一線を画した砂糖です。まろやかな甘み、はかなく口の中で溶けていくような細やかな粒子。日本が世界に誇れる高級砂糖です。和三盆という名は、「盆の上で砂糖を三度研ぐ」という独特の精糖方法に由来しているのだとか。伝統的な製法で手間暇かけた和三盆。日常的につかうのは無理でも、ときどきはお菓子につかってみて、贅沢な和の甘みを楽しんでみませんか。

和三盆でお菓子づくり

和三盆をお菓子につかう。日常的にはは無理ですが、ときどきはお菓子につかってみて贅沢な和の甘みを楽しんでみましょう。繊細な甘さなので、ごくごくシンプルなお菓子につかうことがコツ。和三盆の良さを生かすことができます。

紅茶と和三盆の蒸しパンの作り方

はかないほどサラサラしていて、上品な甘さの和三盆。紅茶と和三盆を組み合わせると、ちょっぴり和の味わいになります。昔ながらの蒸しパンで、和洋折衷な組み合わせを楽しみます。

材料(マフィン型6個)

卵 1個

和三盆 50g

牛乳 80ml

薄力粉 100g

ベーキングパウダー 小さじ1

紅茶 小さじ1

サラダ油 大さじ1

作り方

1紅茶の葉を細かく刻む。

2ボウルに卵と和三盆を入れ、泡だて器でよく混ぜる。

3牛乳を加え、混ぜる。

4薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れる。

5サラダ油を加えて混ぜ合わせる。

6マフィン型に紙カップをしき、生地を流し入れる。

7蒸し器で約15分蒸す。

ポイント

マフィン型でなく、パウンド型や丸型などに流して大きな蒸しケーキにすることもできます。18センチパウンド型または直径12センチ丸型を使うなら蒸四時間は30分~40分くらいです。

紅茶と和三盆の砂のケーキの作り方

訳して「砂のケーキ」、イギリスでサンドケーキという名のケーキです。sandは砂の意味。粉の一部にコーンスターチを使うことによって、まさに砂のようにサラサラな食感のケーキだから、この名がついています。サラサラな和三盆をつかって、サンドケーキをさらにサラサラなケーキに仕上げました。和三盆のベージュ色が温かみある色に仕上がります。

材料(18センチパウンド型1台分)

バター 100g

和三盆 120g

卵 2個

薄力粉 75g

コーンスターチ 75g

ベーキングパウダー 小さじ1

紅茶 大さじ1

1紅茶を細かく刻む。

2バターを室温にもどしてやわらかくしておく。

3薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダーをあわせてふるっておく。

3型に紙をしく。

4オーブンを180度に温める。

5ボウルにやわらかくしたバターと和三盆を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。白っぽくふんわりするまでよく混ぜる。

6溶いた卵を少しづつ加え、そのつどなめらかに混ぜ合わせる。

7 3の薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、紅茶の葉を3回に分けて加え、ゴムべらで底から大きく混ぜ合わせる。粉気がすっかり見えなくなり、生地にツヤが出るまで混ぜ合わせる。

8型に流し入れ、180度のオーブンで約40分焼く。

ポイント

卵が冷えていると、バターに加えたときに分離しやすくなります。卵も室温にもどしておくといいでしょう。もし分離してしまったときは、粉類を少し振り入れて混ぜると元に戻ります。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. ティーマグで紅茶がカジュアルに楽しめるティータイムというと、ソーサーの上にのったティーカップを中…
  2. 紅茶の効能
    紅茶グッズ ティーフォーワンとは?ティーフォーワンとは、ティーカップとティーポットがひとつになっ…
  3. 生のハーブティー
    数ある陶磁器ブランドの中から、ティーセットの定番の柄、花柄のティーセットに絞り込み、どこのブランドの…

紅茶の最新記事

PAGE TOP