紅茶の茶葉

紅茶グラノーラの作り方

紅茶フレーバーのグラノーラの作り方

忙しい朝に紅茶と一緒に、また、紅茶でちょっと一息いれたいときに大活躍する、作り置きができる甘いものがあると重宝しますね。できたら、栄養もあって、体によくて、健康的なもの……そんなよくばりな願いをかなえられる紅茶フレーバーのグラノーラをご紹介します。食物繊維や鉄分・カルシウムが豊富なオートミールとナッツに甘みをつけてオーブンで乾燥焼きし、紅茶の香りをつけて、お好きなドライフルーツを混ぜ込みます。手軽に栄養補給もできますね。

【材料】
オートミール            150g
全粒粉(または薄力粉)       20g
きひ砂糖              30g
植物油(なたね油、こめ油、ココナッツオイルなど) 40cc
メイプルシロップ(または、はちみつ)30cc
ドライフルーツ(レーズン、クランベリー、クコの実など)1/2カップ
ナッツ(アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツなど)1/2カップ
紅茶の葉              5g(ティーバック2袋くらい)

【作り方】
1.ボウルにオートミール、全粒粉、きび砂糖、砕くかカットしたナッツを入れてざっと混ぜる。植物油、メイプルシロップを加えてよく混ぜる。
2.天板にオーブンシートを敷き、1を全体的に広げる。160℃のオーブンで20分焼く。
3.紅茶の葉はリーフティの場合は、細かく刻んでおく。一度オーブンから取り出し、紅茶の葉を加えて全体に混ぜてから平らに広げてまた焼く。
4.オーブンから取り出したら粗熱を取り、ドライフルーツを混ぜる。

【ポイント】
オーブンから出してすぐはまだやわらかさがありますが、冷めるとカリカリになります。紅茶の葉は焼きすぎると苦味がでるので、途中で加えてください。ドライフルーツも焼くと固くなり苦味がでるので、最後に混ぜ込むだけで。密閉容器に入れて保存すれば、いつでも紅茶の香りのするグラノーラが楽しめます。そのままでも、フルーツを添えてミルクやヨーグルトをかけても、また、刻んだチョコレートを加えるとちょっとしたスイーツになります。また、フライパンでごく弱火で焼いても同じようにできます。

持ち運びに便利なグラノーラバーの作り方

栄養豊かな紅茶のグラノーラですが、おうちの中だけでなく、外出時にも手軽に栄養補給できるよう、マシュマロで固めたスティックバーにすることもできます。ほっと一息、好みの紅茶の香りのグラノーラバーでティーブレイクできるとうれしいですね。

【材料】
グラノーラ             適量
マシュマロ             グラノーラの見た目半分

【作り方】
1.鍋にマシュマロを入れて弱火にかけ、マシュマロが溶けてとろっとしたら火を止める。
2.グラノーラを加えて混ぜ、オーブンシートを敷いたバットなどの容器に入れ、上からぎゅっと押える。
3.冷蔵庫で冷やし固めて、食べやすい大きさに切り分ける。

【ポイント】
グラノーラの容量の半分くらいを目安にマシュマロを溶かしてください。マシュマロでつながればいいので、マシュマロの量は多少多くても少なくても大丈夫です。紅茶フレーバーのグラノーラが残ったら、マシュマロを使って紅茶の香りも閉じ込めたスティックバーにしてみてください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    日本デザインプランナー協会とは日本デザインプランナー協会はその名の通りデザインやファッション、イ…
  2. 茶器やポット
    美味しいレモンティーに欠かせないレモントレイ紅茶を飲むときはストレートティーでもミルクティーでも…
  3. 喫茶店
    イギリスに旅行したらティールームへ行ってみたいですよね。イギリスのロンドンのティールーム2つをご紹介…

紅茶の最新記事

PAGE TOP