紅茶キノコ

紅茶ガトー・オ・ショコラとホワイトチョコレートムースとガトーマジックの作り方

紅茶のガトー・オ・ショコラの作り方

毎日のティータイム、ティーブレイクのおともには、その日の気分であれこれお菓子をチョイスしますよね。今日はこってり濃厚で甘いものとほっと一息つきたい時、この紅茶の香りのガトー・オ・ショコラはいかがでしょうか?ミルキーなホワイトチョコレートに紅茶の香り付けをして、材料はとにかく混ぜるだけ。紅茶の準備をして焼き上がりを待っていると、オーブンから紅茶の甘い香りが漂います。あつあつももちろん美味しく、冷蔵庫で冷たく冷やしてもしっとりとした濃厚さが味わえます。

【材料】直径8~9cmココット型5コ分
ホワイトチョコレート      2枚(90-100g)
無塩バター                     100g
卵                               2コ
塩                                 ひとつまみ
砂糖                              80g
薄力粉                           大さじ1
紅茶ティーバック    2袋(アールグレイがおすすめ)
熱湯          大さじ3
【作り方】
1.ボウルに紅茶ティーバックを入れ、熱湯をかけて5分蒸らす。粗熱がとれたら、手でぎゅっと絞って濃い紅茶液を大さじ2作る。
2.別のボウルに割って小さくしたホワイトチョコレートとバターを入れ、湯せんにかけて溶かす。または、耐熱容器に入れてラップし、レンジで様子を見ながら溶かす。1の紅茶液を混ぜておく。
3.また別のボウルに卵を割り入れ、電動泡立て器で泡立て、砂糖を2~3回にわけて加えて、もこもこして泡立てた筋が残るくらいまで泡立てる。塩ひとつまみも加え、2を流し混ぜる。
4.薄力粉をふるいながら加えて混ぜる。
5. 型に7~8分目まで入れる。200度のオーブンで10分焼いて3分余熱でおく。

【ポイント】
とても濃厚で、紅茶とミルキーなホワイトチョコレートを味わえるお菓子です。半生タイプですが、焼き時間または余熱時間を長くすると、紅茶チョコレートケーキになります。紅茶はストレートティーが合います。

紅茶のホワイトチョコレートムースの作り方

紅茶の香りがほのかに漂う、ぷるんぷるんのチョコレートムースです。クイック&イージーにマシュマロを使うため、失敗なく作れます。ムースの上には季節のフルーツなどを添えると、可愛らしいプチスイーツになります。

【材料】直径8~9cmココット型5コ分
ホワイトチョコレート     100g
牛乳             300cc
マシュマロ          150g
紅茶ティーバック       2袋(アールグレイがおすすめ)
お好きなフルーツ(いちご、ブルーベリー、オレンジなど) 適量

【作り方】
1.鍋に牛乳を入れて沸騰直前まであたため、紅茶ティーバックを入れる。フタをして10分蒸らしたら、紅茶ティーバックを取り出し、粗熱が取れたらぎゅっと絞る。
2.1の鍋にマシュマロを入れ、絶えずかき混ぜながらマシュマロを溶かす。
3.ホワイトチョコレートはボウルに細かく割り入れて、湯せんでゆっくり溶かす。
4.2と3を合わせ、容器に等分し、冷蔵庫で1時間以上冷やす。
5.お好きなフルーツを添える。
【ポイント】
ホワイトチョコレートは溶かすとき分離しやすいので、湯せんでゆっくり溶かすといいでしょう。ティータイムに合わせて、あらかじめ作って冷蔵庫に冷やしておくと楽ですね。コアントローやラム酒などのリキュールを少したらして混ぜると、大人向けのスイーツになります。

フランスで大人気の不思議なケーキ

フランスで大人気の不思議なケーキ、ガトーマジック。型に生地を流して焼くだけで、ふわふわのスポンジ生地、とろりとしたカスタード、もちもちのフランの3つの層ができてしまうから、本当に魔法のようなケーキです。作り方は、工程通りに丁寧に合わせていけば、どなたでも作ることができる簡単なケーキですので、ぜひお試しになってください。ティータイムにこのガトーマジックを切り分けると、驚きの声があがって盛り上がること間違いなしです。

紅茶とラズベリーのガトーマジックの作り方

では、紅茶のガトーマジックを作ってみましょう。紅茶の風味は、生地に加える牛乳に紅茶を煮出して香りを移します。ケーキの層から紅茶の香りが広がり、赤いラズベリーも顔をのぞかせる可愛らしい仕上がり。ケーキに使う紅茶はアールグレイ、アッサムなどがおすすめですが、一緒にあわせていただく紅茶の種類に合わせるのもいいですね。

【材料】直径15cmの底が抜けない丸型1台分
(A)
冷凍ラズベリー     10粒くらい
卵黄          Mサイズ3個分
砂糖          45g
はちみつ        15g
無塩バター       65g

(B)
牛乳          270cc
紅茶ティーバック    2袋

(C)
薄力粉         50g
コーンスターチ     20g

(D)
卵白          Mサイズ3個分
砂糖          45g

(飾り)
粉砂糖         適量

(準備)
オーブン:150℃に予熱
型:オーブンシートを敷いておく。
冷凍ラズベリー:大きい粒のものは半分にカットして、キッチンペーパーの上に置いておく。

【作り方】
1.小鍋に(B)を入れて中弱火にかけ、沸騰する直前で火を止めてフタをして10分蒸らす。蒸らしたらティーバックを絞って、濃い目の紅茶液を作る。270ccに足りないようなら、牛乳をたして270ccにする。
2.小さめのボウルにバターを入れて、お湯を沸かした鍋に浮かせて溶かす。バターが冷めないようにし、40℃くらいに保つようにする。
3.別のボウルに(A)の卵黄、砂糖、はちみつを入れて泡だて器でよく混ぜる。2のあたたかい溶かしバターを2回に分けて加えて、よく混ぜる。
4.3にあたたかい1の1/3量を加えて混ぜ、(C)を合わせてふるいながら3回に分けて加え、その都度混ぜる。1の残り2/3量を加えて混ぜる。
5.(D)でメレンゲを作る。ボウルに卵白を入れ、電動泡だて器でほぐす。砂糖の1/3量を加えて砂糖を溶かすようにゆっくり泡立て、残りの砂糖をあと2回に分けて加えて、同じように泡立てる。高速にして泡立て、もこもこして全体的につやがでてきたら低速にして1分ほど泡立ててキメを整える。
6.5のメレンゲを泡だて器でひとすくいし、4になじませるように混ぜる。計量カップに150cc分移し、残りの生地を、オーブンシートを敷いた型に流し込む。
7.5の計量カップに取り分けた150ccの生地を5の残りのメレンゲに加える。ゴムベラでメレンゲを底からすくい上げるようにして、やさしく混ぜ合わせる。ラズベリーも加えて混ぜる。混ぜすぎないように、でも、メレンゲの固まりがあればゴムベラでそっとほぐすようになじませる。
8.6の型に流し込んだ生地の上に7の生地をそっと流し込む。ゴムベラで表面を平らにならす。
9.天板にバットを置き、布巾かキッチンペーパー(3枚くらい重ねる)を敷き、8をのせる。60℃くらいのお湯を型の深さ2~3cmくらいまで注ぎ、150℃に予熱したオーブンで50分蒸し焼きにする。
10.焼けたら型のまま荒熱をとる。そのまま冷蔵庫で3時間、できたら一晩冷やし固める。型からだして、表面に粉砂糖をふりかけ、カットする。

【ポイント】
【作り方】7の工程で、混ぜすぎないことで焼き上がりが3つの層に分かれます。冷凍ラズベリーがなければ、お好きなベリー類で構いませんし、フレッシュないちごも紅茶の香りに合って美味しいです(ベリー類は入れなくてもOK)。紅茶が香る3つの層の多彩な食感をぜひお試しください。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    美味しい紅茶を淹れるには紅茶の茶葉選びから始まります。自分に合った茶葉を選んで、その紅茶のうまみが一…
  2. 喫茶店
    アロマ療法で良く使われているハーブハーブは今、色々な種類が出回っています。香りだけを楽しむのでは…
  3. 紅茶スコーン
    プルーンの紅茶煮の作り方百聞は一見にしかず?実際に作って味わってみるまでは分からない、なんともい…

紅茶の最新記事

PAGE TOP