紅茶スコーン

紅茶風味のレアチーズケーキとティースコーンの作り方

オーブンいらずのお菓子でティータイム

オーブンを使わずに、簡単に混ぜるだけのお菓子なら、いつでも作ってみようと思う方も多いのではないでしょうか?特に暑い時期は、室内温度も上がるオーブンはなるべく使いたくありませんね。今回はオーブンいらずで簡単なのに、本格的なデザートのレアチーズケーキに紅茶の香りをつけたいと思います。

しっとり紅茶スポンジのレアチーズケーキの作り方

クリーミーなチーズケーキにはコーヒーを合わせる方もいらっしゃると思いますが、ふわっと紅茶の香りが漂うエレガントなチーズケーキなら紅茶を合わせたくなりますね。今回のレアチーズケーキは、リキュールで香り付けした紅茶液を染み込ませた市販のカステラの上に、なめらかなチーズクリームを流し入れて冷やし固めるだけのはオーブンいらず。あればエディブルフラワーをレアチーズケーキの上に飾ると、エレガントな手作りケーキになります。

【材料】底が抜ける直径18cmの丸型1台分
(土台)
カステラまたはスポンジケーキ.(市販品)  適量
紅茶の葉        4g (アールグレイがおすすめ)
熱湯          150cc
砂糖          大さじ1
キルシュ        大さじ1

(レアチーズチーズクリーム)
クリームチーズ   200g
プレーンヨーグルト 200g
生クリーム     100cc
砂糖        70g
レモン汁      大さじ1
粉ゼラチン     7g
水         70cc

飾り用ミントの葉  適量
あればエディブルフラワー  適量

【作り方】
1. あたためたポットに紅茶の葉を入れて熱湯を注ぎ、蓋をして3分蒸らす。茶こしを使って、砂糖の入ったボウルに写して冷まし、濃い目の紅茶液のシロップを作る。キルシュを加えてリキュールの風味をつける。
2.. 型にラップをぴっちりと敷き、2cm厚さに切ったカステラかスポンジケーキをくまなく敷き詰め、1の紅茶シロップを刷毛で染み込ませる。
3. レアチーズクリームを作る。ボウルに室温に戻したクリームチーズを泡立て器でクリーム状にしておく。
4. 容器に水と粉ゼラチンを入れて、ふやかしておく。小鍋に生クリーム、砂糖を入れて火にかけ、砂糖を溶かす。沸騰寸前に火を止め、ふやかした粉ゼラチンを入れてよく溶かす。
5. 4を3に少しずつ流し加えて、なめらかになるまで混ぜる。ヨーグルトとレモン汁を加えて、全体をよく混ぜる。
6. 5のレアチーズクリームを2のカステラを敷いた型に流し込む。そのまま冷蔵庫で3時間以上冷やす。
7. 冷蔵庫から取りだし、底から押し上げてラップごとレアチーズケーキを引っ張り出すようにして型から外す。ラップを取り除いて皿に写し、ミントの葉や、あればエディブルフラワーを飾る。

【ポイント】
土台も市販品を利用した、材料をとにかく混ぜて冷やすだけのオーブンいらずのケーキです。カステラまたはスポンジケーキに甘味がありますので、紅茶シロップは甘さ控えめにしてあります。お好みで、紅茶シロップに入れる砂糖の量は加減してください。シロップに加えるリキュールは、ラム酒やオレンジキュラソー、ブランデーも風味がよいです。食用の花のエディブルフラワーが手に入れば、シンプルな紅茶レアチーズケーキに飾りつけを。華やかな花を添えると、エレガントな手作りケーキになります(なければ、ミントの葉だけでも素敵です)。できれば一晩しっかり冷やすと美味しいので、食べる前日に準備しておくといいですね。

紅茶にぴったりのお菓子といえば、やはりイギリスでも紅茶と共に食べられているスコーン。

今ではティールームなどで色々なティーセットで見かけるようになったおなじみのスコーンですが、ご自分でも実は意外と簡単に作れるのをご存知ですか?オーブンがあれば、材料はシンプルで簡単に焼くことができます。作り方もシンプルでそんなに難しくありません。普通にスーパーで手に入るもので簡単にできてしまいます。スコーンを作ってみるのなら、紅茶と一緒に味わうのにぴったりの紅茶の茶葉が入った紅茶味のスコーン「ティースコーン」をぜひ作ってみませんか。ティースコーンのレシピをご紹介します。

ティースコーンは一般的なスコーンの作り方の応用で美味しくできます。

様々なスコーンのレシピなども参考にされて茶葉の量などご自分の好みに合わせて加減してみてくださいね。

材料

薄力粉 150g
バター 50g
ベーキングパウダー 小さじ2
上白糖 40g
卵 1個
紅茶の茶葉(アールグレイ) ティーバッグ1個分の茶葉
紅茶の液 大さじ1

作り方

バターを1cm角のサイコロ状に細かくナイフで切り、冷蔵庫で冷やしておきます。
紅茶を後で加えるために紅茶を淹れて、紅茶の液を用意しておきます。
材料を計り、ベーキングパウダーと薄力粉をふるいでふるって合わせておきます。
ベーキングパウダーと薄力粉をボールにふるい入れ、そこにサイコロ状に切ったバターを入れます。
サイコロ状のバターを指でひとつひとつ押しつぶしていき、ポロポロになるまで粉類と混ぜ合わせます。
紅茶の茶葉(ティーバッグを開けて茶葉を取り出してください)と砂糖を加えて混ぜ、あらかじめ淹れておいた紅茶の液と牛乳を入れてまぜます。
粉っぽさがなくなり生地がまとまったらラップでくるみ、冷蔵庫で1時間寝かせます。
オーブンを180度で予熱しておきます。
薄力粉を生地の上にふるい、台にも打ち粉をして、平たく伸ばしていきます。
厚さが2㎝ぐらいになったら、丸く型を抜きます。型がない場合は、コップの口で型の代わりに抜いてもできます。
オーブンが温まったら、スコーンを並べて焼きます。
表面が薄い茶色になるまで15~20分焼いたら、できあがりです。

ジャムとクリームをつけていただきます。スコーンは次の日ぐらいまでは日持ちします。タッパーなどに入れて保存してください。

美味しい紅茶をゆっくりと入れて、優雅に美味しくゆったりとしたティータイムを美味しい紅茶のスコーンとともに、たっぷりと過ごしてみてくださいね。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶キノコの作り方
    疲労回復効果のあるブルーベリーパソコン作業を長時間していると、目が疲れてしまうことがありませんか…
  2. 紅茶の入れ方
    アーマッドティーは、紅茶販売業の中では若いブランドです。創業者のアーマッド・アフシャーは英国で紅茶の…
  3. 紅茶の入れ方
    スリランカは紅茶の名産地スリランカはインドの南東にある島で首都はスリジャヤワルダナプラコッテです…

紅茶の最新記事

PAGE TOP