チャイティー

簡単おいしい紅茶のクッキーとチャイティーのレシピ4選

紅茶のスノーボールクッキーの作り方

ほろりと口でくずれる食感がおいしいスノーボールクッキー。フードプロセッサーがあればあっという間。もちろん、フードプロセッサーがなくても作れます。日持ちがいいお菓子なので、たっぷり作って乾燥剤と一緒に缶などに入れておけば、毎日のティタイムが楽しくなります。

材料

薄力粉 100g

粉砂糖 30g

アーモンドパウダー 30g

紅茶の葉 小さじ2

バター 75g

粉砂糖 適量

作り方

1オーブンを160度に温める。

2冷たいバターを2cm角くらいの大きさに切る。

3フードプロセッサーに、薄力粉、粉糖、アーモンドパウダー、紅茶の葉を入れて、攪拌して混ぜ合わせる。

4 2のバターを加え、生地がだいたいまとまるまで攪拌する。

5 ボウルに生地をうつし、手でぎゅっとひとまとめにする。

6 生地を直径2cmのボール状に丸める。オーブンペーパーをしいた天板に並べる。

7 160度のオーブンで約15分、あまり色づけないように焼く。

8冷めたら、粉砂糖をたっぷりまぶす。

ポイント

フードプロセッサーがない場合は、ボウルにやわらかくしたバターを入れ、粉糖、薄力粉、アーモンドパウダー、細かく刻んだ紅茶の順に加え、泡だて器でそのつどよく混ぜ合わて作ります。

キャラメル味の紅茶クッキーの作り方

キャラメル色がいかにも美味しそうなクッキー。濃い目に焦がしたキャラメルソースと紅茶で、香ばしい色と香りをつけます。キャラメルがたっぷり入ってるので、カリっと歯ごたえのいいクッキーです。スパイス好きの方なら、シナモンやカルダモンなどを加えるのがオススメです。

材料(約30枚)

バター 80g

きび砂糖 70g

卵黄 1個

紅茶の葉 小さじ2

薄力粉 160g

〔キャラメルソース〕

グラニュー糖 50g

水 大さじ1

熱湯 大さじ1

作り方

1キャラメルソースをつくる。鍋に砂糖と水を入れ、中火にかける。

2砂糖が溶けてきたら、ゆっくり鍋をまわして全体を溶かす。だんだん色がついてきて、濃いキャラメル色になるまで焦がす。

3火を止めて、熱湯を注ぎ入れる(はねるので、焼けどしないように注意)。鍋をまわして煮溶かす。そのまま冷ます。

4バターを室温にもどしてやわらかくしておく。

5紅茶の葉を細かく刻む。

6ボウルにやわらかくなったバターをいれ、泡だて器でやわらかく練る。きび砂糖を加え、さらに練り混ぜる。

7卵黄を加え、混ぜ合わせる。

8キャラメルソースと紅茶の葉を加えて、よく混ぜる。

9生地をビニール袋に入れひとまとめにする。ビニール袋の上から、麺棒でのばす。冷蔵庫で一晩休ませる。

10オーブンを180度に温める。

11台またはまな板の上に軽く打ち粉をふり、生地を広げる。麺棒で厚さ3mmほどに伸ばす。

12お好みのクッキー型で型抜きする、または包丁で四角い形に切り分ける。

12オーブンペーパーをしいた天板に並べ、オーブンで約12分焼く。

ポイント

キャラメルはよく冷ましてから、生地に加えます。温かいままだと、生地が熱でダレてしまいます。生地がしっかり冷えていると、カットしたときの形がきれいに出来上がります。型抜きクッキーにする場合は、生地がやわらかくならないうちに、できるだけ作業を手早く行います。

チャイティーとはどんな紅茶

チャイティーは、インドでは「マサラティー」と呼ばれます。マサラとは、スパイスという意味です。その名からも分かる通り、チャイティーはスパイスの入ったお茶ということになります。また、チャイティーはミルクティー仕立てであることも特徴です。チャイティーに入れるスパイスに特別な決まりはありません。自分の好みに合ったものを使ったり、家にたまたまあったスパイスを使ったりと自由に楽しむことで、チャイティーの魅力を堪能しましょう。また味のベースとなる茶葉は、アッサムやセイロンがおすすめです。これらの茶葉は牛乳に負けないコクがあるので、チャイティーの美味しさが引き立ちます。ここでは、一般的なチャイティーに簡単なアレンジを加えたおすすめレシピをご紹介。身近な食材を使って作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

マシュマロチャイティー

【材料】(2杯分)
茶葉 9グラム
マシュマロ お好みの量で
牛乳 ティーカップ1杯分

スパイスは一例として、以下のものをおすすめします。
シナモンスティック 1本(シナモンパウダーで代用可能)
カルダモン 2粒
生姜    適量
ローリエの葉 2枚
クローブ  5個

【作り方】
1.小さな鍋を用意して、ティーカップ1杯分の水を入れます
2.鍋に火をかけ沸騰させたら、茶葉を入れましょう
3.茶葉が開いたら各種スパイスと牛乳を加えます
4.沸騰直前まで火をかけましょう
5.火から下したらストレーナー(茶こし)を通してカップに紅茶を注ぎます
6.上にマシュマロを浮かべたら完成です

【ポイント】
牛乳の甘味にマシュマロの甘味とトロリとした食感を加えたチャイティーです。スパイスは自分のお好みで調整しましょう。

甘酒チャイティー

【材料】(2杯分)
茶葉 9グラム
牛乳 ティーカップ1杯分
甘酒 ティーカップ1杯分
はちみつ お好みの量で

スパイスは一例として、以下のものをおすすめします。
シナモンパウダー 適量
カルダモン 適量
生姜    適量

【作り方】
1.小さな鍋を用意して、牛乳、甘酒、茶葉を入れて温めます
2.様子を見ながら沸騰させないように火を入れましょう
3.茶葉が開いたらスパイスを加えます
4.沸騰直前まで火をかけましょう
5.火から下したらストレーナー(茶こし)を通してカップに紅茶を注ぎます
6.はちみつで甘味を調整したら完成です

【ポイント】
美容や健康に良いといわれる甘酒を使ったチャイティーです。生姜は市販のチューブのものでも構いません。体が温まるので寒い時期には特におすすめです。

豆乳とココナッツミルクのチャイティー

【材料】(2杯分)
茶葉 9グラム
豆乳 200ml
ココナッツミルク お好みの量で
砂糖 お好みの量で

スパイスは一例として、以下のものをおすすめします。
シナモンスティック 1本(シナモンパウダーでも代用可能)

【作り方】
1.小さな鍋を用意して、豆乳、ココナッツミルク、茶葉を入れて火を入れます
2.茶葉が開いたらスパイスを加えましょう
3.色が濃くなってきたら火から下ろしてください
4.ストレーナー(茶こし)を通してカップに紅茶を注ぎます
5.砂糖で甘味を調整したら完成です

【ポイント】
温かいままで飲んでも美味しいですが、氷をたっぷり入れたグラスに注いでアイスにして飲んでも美味しいチャイティーです。茶葉の代わりにティーバックを使用しても構いません。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    紅茶の大衆化イギリスで最初にお茶が売られた1657年当時、それはまだ“万病に効く東洋の秘薬”とし…
  2. 紅茶の入れ方
    紅茶の製造過程を分かりやすく解説します。紅茶の葉紅茶の茶葉は木に生えたものを採取します。…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶にはカフェインが含まれています。カフェインは、集中力を高める等の効能がある一方で、夜眠れなく…

紅茶の最新記事

PAGE TOP