ピーチティー

さくさく美味しい紅茶の薄焼きクッキーレシピ2選

紅茶&ホワイトガナッシュのサンドクッキーの作り方

紅茶風味の薄焼きクッキーにホワイトチョコのガナッシュをサンドした、クッキーサンド。クッキー生地は卵白を使用するラングドシャです。パリっとしたクッキーと甘いホワイトガナッシュの組み合わせが、とてもおいしい組み合わせです。もちろん、ガナッシュなしでクッキーだけでも楽しめます。

材料(約30個分)

バター 60g

塩 ひとつまみ

粉砂糖 50g

卵白 50g

薄力粉 50g

〔ホワイトガナッシュクリーム〕

ホワイトチョコレート 50g

生クリーム 40ml

作り方

1バターは室温に戻してやわらかくしておく。

2オーブンを170度に温める。

3ボウルにやわらかいバターを入れ、塩、粉砂糖の半量を2回に分け入れ、泡だて器で練り混ぜる。

4別のボウルに卵白を入れ、残りの粉砂糖を少しづつ加えながら泡立てる。とろりとしたゆるいメレンゲをつくる。

5 3に4の半量を加え、泡だて器で混ぜる。薄力粉をふるい入れ、ゴムべらで粉気が見えなくなるまで混ぜ合わせる。

6残りのメレンゲを加え、なめらかに混ぜ合わせる。

7 8mm丸口金をつけた絞り袋に入れ、オーブンペーパーをしいて天板に円形に絞り出す。天板の下をパンパンと手で叩いて、生地を少し広げる。

8 170度のオーブンで約10分焼く。

9ホワイトガナッシュを作る。ホワイトチョコレートを細かく刻む。小鍋に生クリームを入れて沸騰寸前まで温め、火からおろす。ホワイトチョコレートを入れて、混ぜ溶かす。そのまま冷ます。

10クッキーの1枚にホワイトガナッシュをスプーンで少量のせ、もう1枚のクッキーでサンドする。

ポイント

ホワイトガナッシュは冷えすぎると固まり、クッキーに塗りづらくなってしまいます。冷めたらすぐに塗ります。

紅茶のアーモンドチュイルの作り方

チュイルは、フランス語で「屋根瓦」の意味。薄く焼きあげて、クッキー生地がやわらかいうちに瓦のように丸くカーブをつけます。お菓子づくりで余りがちな卵白を使えるお菓子としても、覚えておきたいお菓子。アイスクリームやムースなどの冷たいデザートに添えても美味しいクッキーです。

材料(約30枚分)

バター 15g

卵白 25g

グラニュー糖 40g

薄力粉 10g

バニラオイル 数滴

紅茶ティバッグ 1袋

スライスアーモンド 30g

作り方

1バターを湯せんで溶かして、人肌温度に冷ましておく。

2ボウルに卵白とグラニュー糖を入れて、泡だて器ですり混ぜる。バニラオイル、塩、紅茶ティバッグの茶葉を加えて混ぜる。

3ふるっておいた薄力粉を加え、なめらかに混ぜ合わせる。溶かしバターを加えて、混ぜ合わせる。

4ラップをかぶせて、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

5スライスアーモンドを加え、均一に混ぜ合わせる。

6オーブンを170度に温める。オーブンシートをしいた天板の上に、水にぬらしたフォークで生地を丸く広げる。

7 170度のオーブンで約12分焼く。

8生地が熱いうちに、麺棒にのせ手で軽く押さえてカーブをつける。

ポイント

生地は必ず1時間以上冷やしてから焼きます。スライスアーモンドがパリッと焼きあがるように、焼く直前に生地の中に加えます。泡だて器を使いますが、卵白を泡立てないようにすり混ぜます。レモンの皮やオレンジの皮をすりおろしたものを加えても、香り良いチュイルに焼きあがります。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 喫茶店
    ひんやり紅茶デザートでティータイム紅茶の香りを楽しむクールデザートは、ティータイムにも、食事の締…
  2. 紅茶の入れ方
    「オレンジペコ」というと、紅茶の味のひとつだと思っていませんか?「オレンジ」だというからには何となく…
  3. 紅茶の入れ方
    アメリカの歴史を変えた「ボストンティーパーティー」を知っていますか?ティーパーティーと言うとなんだか…

紅茶の最新記事

PAGE TOP