紅茶レシピ

紅茶をつかったシンプル焼き菓子レシピ3選

紅茶のアイスボックスサブレの作り方

生地を作って冷凍庫に入れておけば、いつでも焼きたての美味しさが楽しめるアイスボックスサブレ。アーモンドパウダー入りの生地に紅茶の茶葉をたっぷり加えた、贅沢な味わいです。

材料(約50枚分)

バター  120g

グラニュー糖 55g

卵(小)1個

薄力粉  160g

紅茶の葉  10g (細かく刻んでおく)

アーモンドパウダー 25g

作り方

1バターを室温にもどしてやわらかくしておく。ボウルに入れ、泡だて器でやわらかいクリーム状にする。グラニュー糖を加えて白っぽくふんわりするまで混ぜる。

2卵をよく溶いたものを少しづつ加え、泡だて器で混ぜあわせる。

3あらかじめふるっておいた薄力粉、アーモンドパウダー、紅茶の葉を一度にくわえ、ゴムべらで粉気がなくなるまで混ぜ合わせる。ポリ袋に入れて、冷蔵庫の中で1時間以上休ませる。

4ポリ袋に入れたまま、生地を直径3cmの棒状にまとめる。再び冷蔵庫で1時間以上休ませる。

5オーブンを170度に温めておく。生地を8mm厚さに切り分けて天板に並べる。オーブンで15~ 20分焼く。

ポイント

紅茶の葉はできるだけ細かく砕いたほうが、香りも食感もよくなります。フードプロセッサーで細かくするか、すり鉢でよくすってください。

紅茶のふわふわカップケーキの作り方

卵をふわふわに泡立てたやさしい生地に、紅茶を加えてあります。生地つくりの時間はたった10分。焼きっぱなしでも十分おいしいですが、ホイップクリームなどを添えれば、可愛いデコレーションケーキに仕上げることができます。

材料(直径7cmカップケーキ型6個分)

卵 2個

グラニュー糖 40g

薄力粉 45g

紅茶 3g

バター 20g

牛乳 大さじ1

1マフィン型またはプリン型にグラシンカップをしく。

2紅茶の葉を細かく刻む。

3オーブンを180度に温めておく。

4バターと牛乳を耐熱容器に入れ、電子レンジで熱くしておく。

5ボウルに卵を割り、グラニュー糖を加える。ボウルを湯せんにかけて温めながら、ハンドミキサーで泡立てる。生地が人肌程度に温まったら湯せんからはずし、白っぽくもったりするまで泡立てる。

8あらかじめふるっておいた薄力粉、紅茶の葉を加え、ゴムべらで粉気がなくなるまで混ぜあわせる。

9 4のバターと牛乳を加え、ゴムべらでなめらかに混ぜあわせる。

10型に流しいれ、オーブンで約12分焼く。

ポイント

卵とグラニュー糖は、しっかりとふわふわになるまで泡立てます。バターと牛乳は、湯気がたつほど熱々に。手早くきれいに混ぜあわせることができます。

アールグレイ風味イチジクのパウンドケーキの作り方

アールグレイ液に漬け込んだイチジクをたっぷり入れた、贅沢なパウンドケーキ。紅茶の香りとイチジクの食感がアクセントです。

材料(18cmパウンド型1台分)

アールグレイ茶葉 5g

熱湯 150ml

乾燥イチジク160g

無塩バター 100g (室温にもどしておく)

グラニュー糖 115g

卵 2個 (室温にもどしておく)

薄力粉 130g

ベーキングパウダー 小さじ 1 /2

作り方

1熱湯にアールグレイ茶葉を入れ、濃い紅茶液をつくる。この中に乾燥イチジクを浸し、一晩漬け込む。

2パウンド型にオーブンペーパーをしく。オーブンを170度に温める。

3水気をきった乾燥イチジクを粗く刻む。

4室温にもどしたバターをボウルに入れ、ハンドミキサーでよく泡立てる。グラニュー糖を加え、さらにふんわりとするまで泡立てる。

5溶きほぐした卵を5~6回に分けて加え、そのつどよく混ぜあわせる。

6あらかじめ合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーの半量を加え、ゴムべらで混ぜあわせる。

7残りの粉を入れた上に、水気をきったドライフルーツを加え、ドライフルーツを粉でまぶす。粉気がなくなるまで全体をよく混ぜあわせる。

8型に入れて表面を平らにならし、オーブンで約45分焼く。

ポイント

乾燥イチジクを混ぜこむときに、粉をまぶしておいてから混ぜるようにします。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶のブランド
    このブランドの始まりは1867年、帝国ロシア時代のサンクトペテルブルグでした。創立者のパヴェル・クス…
  2. イギリスの紅茶
    美味しいアイスティー作りに欠かせない紅茶道具とは?あなたはアイスティーを作るとき、どのようにして…
  3. ヨーロッパに広がる貴族の紅茶の文化1610年 オランダ東インド社が中国や日本の平戸で緑茶を買い付…

紅茶の最新記事

PAGE TOP