生のハーブティー

紅茶いちご桜餅とフルーツティーの作り方

紅茶風味のいちご桜餅の作り方

ダージリン、ウバ、キームンといったストレートティーで楽しみたい紅茶には、ときには四季折々の和菓子もいいものです。春の和菓子といえば、桜餅。せっかく手作りするのですから、紅茶の香るオリジナルなものにしたいですね。そこで、餅には紅茶と甘酸っぱいいちごを練りこみ、餅の中にはバニラの風味をつけた白あんといちごを。桜葉でくるんだその和菓子は、桜といちごとバニラのフレーバーティを味わうような仕上がりです。この愛らしい桜もち、ぜひ香り高いストレートティと一緒にお召し上がりください。

【材料】
<餅皮>
白玉粉      15g
砂糖       10g
いちご      8粒くらい
薄力粉      60g
好みの紅茶パック 1袋分
植物油      大さじ1

<あん>
白あん(市販品)   180g
バニラエッセンス 適量
いちご           6コ
桜の葉の塩漬け    6枚

【作り方】
1.餅皮を作る。ボウルにいちごを入れて、ブレンダーでつぶす。つぶした量が120ccに足りなければ水を足す。ボウルに白玉粉と砂糖を入れて、つぶしたいちごを少しずつ加えて泡だて器でよく混ぜる。
2.1に薄力粉をふるいながら加えてよく混ぜる。
3.フライパンを中弱火であたためて、薄く油を引いて2を大さじ2ずつ流し入れて楕円形にのばす。表面が乾いたら返して、少し焼いて取り出す。6枚焼く。
4.白あんにバニラエッセンスを適量まぜて6等分にし、いちご6コをそれぞれくるむ。3の餅皮の中央にいちごあんをのせて形を整え、水分を軽くキッチンペーパーでふき取った桜の葉で巻く。

【ポイント】
いちごの水分だけで餅生地をつくるので、いちごの風味がとても豊かな餅皮になります。混ぜ込む紅茶はリーフティを使う場合は細かく刻んでください。白あんはゆるいようなら、鍋で火にかけるか電子レンジで様子を見ながら加熱して、水分を飛ばしてください。できあがりに、ちょうど真ん中で半分に切ると、中のいちごの断面が見えてかわいらしいです。

ストレートティのアレンジ:ビタミンいっぱいのフルーツティの作り方

フレッシュないちご、オレンジ、ブルーベリーなどのフルーツの香りと甘さがいっぱいの贅沢な紅茶で、気持ちもからだもリフレッシュ。ぜひ色とりどりのフルーツが見える透明なガラスのティポットをお使いになって、目でも紅茶を楽しんでくださいね。

【材料】
いちご、オレンジ、ブルーベリーなどのお好みのフルーツ       適量
ミントの葉                            適量
お好みの紅茶葉                          適量
熱湯                               適量

【作り方】
1.フルーツは洗って、適当な大きさにカットしてポットの中に入れておく。ミントの葉も洗って、一緒に入れておく。
2.お湯を沸かし、好みの紅茶葉でやや濃い目の紅茶を作り、1のポットに注ぐ。
3.3分蒸らし、カップに注ぐ。そのままでも十分甘みがあるが、好みではちみつを入れても美味しい。

【ポイント】
フルーツはお好みのもので構いませんが、いちごなどのベリー類を入れると甘みがでます。フルーツは、りんごやグレープフルーツなどもおすすめ。ミントの葉の代わりに、シナモンスティックやスターアニスなどのスパイスを入れると、スパイシーで深みのある味わいになります。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    真夏の暑い季節やお風呂上りなど、冷たい飲み物が欲しくなりますよね。しかも薬用効果のある紅茶飲料は、身…
  2. 紅茶タンブラー
    ベルガモットという柑橘系の香りを付けた紅茶「アールグレイティー」を飲まれたことはありますか?今ではそ…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶は香をかぐことでリラックスし、飲むことで体のデトックス効果が得られます。また、健康にも良く、紅茶…

紅茶の最新記事

PAGE TOP