紅茶のお菓子レシピ

紅茶のサンドケーキと炊飯器でつくる紅茶パンの作り方

紅茶クリームのふわふわサンドケーキの作り方

型いらず。生地に卵1個、クリームに卵1個。少ない材料とボウルひとつで、ふんわりとした小型ケーキが1台出来上がります。さっくりした軽いビスキュイ生地で紅茶味のカスタードクリームをサンドします。シンプルなのに、ビスキュイ生地のもこもこした膨らみ方が愛嬌あるお菓子。お茶のテーブルが華やかになるような存在感があります。

材料(18cm)

卵黄 1個分

卵白 1個分

グラニュー糖 25g

薄力粉 20g

コーンスターチ 10g

〔紅茶カスタードクリーム〕

卵黄 1個分

グラニュー糖 40g

コーンスターチ 10g

牛乳 200ml

紅茶ティバッグ 小さじ2

作り方

1オーブンを170度に温める。

2ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立る。泡がたってきたら、グラニュー糖を3回に分け入れながら泡立てる。角がぴんとたったメレンゲにする。

3卵黄を加え、よく混ぜ合わせる。

4薄力粉とコーンスターチを合わせてふるい入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせる。

5天板にオーブンペーパーをしいた上に、生地をのせる。ゴムべらで直径13cmセンチくらいの円形を形作る。表面に粉砂糖をたっぷりと振る。

6 170度のオーブンで約12分焼く。

7紅茶カスタードクリームをつくる。鍋に牛乳と紅茶を入れ弱火にかけ、沸騰直前まで温める。

8ボウルに卵黄を溶き、グラニュー糖を加えて泡だて器で白っぽくなるまですり混ぜる。コーンスターチを加えてよく混ぜ合わせる。

9 8に7の牛乳を注ぎ入れ、よく混ぜ合わせる。茶葉を漉しながら鍋に戻し入れて、弱火にかける。木べらで絶えずかきまぜながら火を通し、とろりとなったら火を止める。バットなどに移し、氷水で冷やす。

10ビスキュイ生地の厚みを半分に切り、10のクリームを塗ってサンドする。

11上に粉砂糖をたっぷりふりかける。

ポイント

生地を天板にのせるときは、上を平らにする必要はありません。生地をこんもりとのせる感じにしたほうが焼き上がりの表情が可愛く仕上がります。クリームと一緒にイチゴやバナナなどをはさめば、ショートケーキ風にすることもできます。

お菓子に合う美味しいミルクティーとは?

ティタイムにお菓子と一緒に楽しむなら、簡単で軽い味のミルクティーが合います。お菓子の味を引き立てつつ、紅茶の味わいもしっかり感じられるようなミルクティーを淹れてみたいですね。ミルクティーにはいろいろなタイプがありますが、軽やかなタイプはカップの中に先にミルクを入れた上から紅茶を注いで作ります。

 マイルドなおいしいミルクティーをつくるためのコツ

軽いミルクティーに合う茶葉は、ディンブラ、ウバ、ケニア、またはアールグレイなどのフレーバー系。好みと気分によって選びましょう。そして、ちょっとした議論にもなる「ミルクが先か、紅茶が先か」。正解はミルクが先です。紅茶カップに大さじ2~3杯ほどのミルクを入れた上に、しっかり蒸らして抽出した紅茶を注ぎます。ミルクティーの美味しさの秘訣は、紅茶が牛乳と混ざって生まれたマイルドな味。渋み成分のタンニンとミルクの中のカゼイン成分が混ざり合った美味しさなのです。紅茶を注いだ後からミルクを入れると、ミルクの温度が急に上がって、タンニンと混ざり合う前にカゼイン成分が変質してしまうのだとか。化学的に理解すると、頑張って美味しいミルクティーを淹れてみたくなりますね。

自宅で紅茶パンをつくろうと思うと、うまく膨らまずに固く仕上がりそうでなかなか作ろうという気になれない方も多いかもしれません。しかし、ふんわりとした紅茶パンを失敗なくつくれる方法があります。それは「炊飯器」と「ホットケーキミックス」を使用してつくる方法です。こちらでは炊飯器でつくれる紅茶パンのレシピを二種類ご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

基本の紅茶パンレシピ

ではまずはじめにシンプルな基本となる紅茶パンの作り方をみてみましょう。材料もシンプルなので、いつでもお手額につくることができます。朝食時にいただくと朝から優雅気分で一日をスタートさせることができるのでおすすめです。

材料(4人分)

・ホットケーキミックス 200g

・牛乳または水 150ml

・紅茶の葉 大さじ2

・卵 Mサイズ 2個

作り方

1)お鍋に牛乳または水を150ml入れて火にかけ、沸騰したら火を止めて紅茶の茶葉またはティーパックを入れてミルクティーを作ります。少し濃い目につくるのがポイントです。

2)1)の茶葉を取り出して冷まします。

3)ボウルの中にホットケーキミックス、2)の冷ましたミルクティー、溶いた卵を加えてよく混ぜ合わせます。

4)3)を炊飯器の中に入れてごはんを炊くのと同じ方法でスイッチを入れます。

5)出来上がりの音が鳴ったらしばらく蓋を締めたまま保温して中までしっかりと火を通します。真ん中に竹串を刺して生地がついてこなかったら出来上がりです。

バナナ入りの紅茶パンのレシピ

では次に少しレベルアップさせて、バナナ入りの紅茶パンの作り方をご紹介します。こちらは茶葉をそのまま生地に入れ込むのでより紅茶の香りが楽しめて、さらにバナナの豊かな風味も楽しい一品です。また、強力粉を使用してしっかり発酵させる工程もあるので、本格的な紅茶パンをつくることができます。

材料(一升炊きのお釜さん一つ分)

・強力粉 220g

・ホットケーキミックス 100g

・完熟バナナ 1本

・紅茶の茶葉(細かく砕いたもの) 5g

・ドライイースト 3g

・砂糖 1g

・バター 15g

・40度位のお湯 80cc

作り方

1)バナナを1cmの長さに切り、ボウルにバナナとバターと合わせて600Wのレンジで約30秒温めます。

2)1)の中にドライイースト、砂糖、塩、強力粉を加えて軽く混ぜ合わせます。

3)さらに2)の中にホットケーキミックス、紅茶の茶葉、お湯を加えて混ぜ合わせます。

4)生地を一つにまとめて炊飯器の中に入れて、8分間保温のスイッチを入れて放置し、電源を切って約30分発行させます。

5)炊飯器から生地を取り出し、生地を外から内側に向けておりたたむようにしてガス抜きを何度か行い、ひとまとめにします。

6)生地を六等分にスケッパーなどを使って分けてボウルの中に入れ、霧吹きをしてラップをし10分間寝かせます。

7)6)の生地を炊飯器の中に入れて保温のスイッチを入れて8分置きます。

8)7)が終わったら炊飯器のスイッチを入れて出来上がったら裏返して逆側も同じ様にスイッチを入れて焼いたら完成です。

炊飯器を使ってお手軽に紅茶パンを楽しもう

いかがでしたか?炊飯器をうまく使用することで、難易度の高いパン作りもあっという間に簡単に完成させることができます。まずはシンプルな基本の紅茶パンから挑戦していただき、慣れたらバナナ入りも作ってみられてはいかがでしょうか。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶
    ロイヤルコペンハーゲンとはロイヤルコペンハーゲンは、女王ジュリアン・マリーがデンマークを豊かにす…
  2. 紅茶の入れ方
    ポリフェノールとは植物が育つには日光は必須です。光合成の成長のためには日光がとても大切です。…
  3. 紅茶の入れ方
    ティータイムと聞くと、何を連想しますか?基本的に紅茶を味わう三大要素は、味覚・嗅覚・視覚と言われてい…

紅茶の最新記事

PAGE TOP