茶器やポット

おやつに作りたい紅茶マフィンのレシピ3選  

紅茶マフィンの作り方

バター100g、卵2個使用。分かりすくて覚えやすいベーシックレシピのマフィン。お好みの紅茶の葉をくわえて、香り高く焼き上げます。

材料(マフィン型8個分)

バター100g

グラニュー糖 100g

卵2個

薄力粉 230g

ベーキングパウダー 小さじ1

牛乳 80ml

紅茶の葉  ティーバッグ1袋分

作り方

1バターと卵は室温にもどしておく。

2オーブンを180度に温めておく。

3型に紙カップをしく。

4ボウルにやわらかくしたバター、グラニュー糖を入れ、泡だて器でクリームになるまですり混ぜる。

5溶いた卵を3~4回に分けて加える。そのつどよく混せる。

6合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーの半量を加え、粉っぽさがなくなるまでゴムべらでさっくり合わせる。

7牛乳を加え、なじむように混ぜ合わせる。

8残りの薄力粉とベーキングパウダー、紅茶の葉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

9スプーンで生地を型に入れる。

10 180度のオーブンで約25分焼く。

ポイント

バターと卵はしっかり室温にもどしておきます。冷たいままだと、分離の原因になってしまいます。

レモンティーのマフィンの作り方

溶かしバターでつくる簡単マフィン。材料をぐるぐると混ぜるだけの作りやすさです。きめ細かい生地の中に、紅茶の葉とレモン皮とレモン果汁を加え、さわやかな香りのマフィンです。

材料(マフィン型約8個分)

薄力粉 160g

ベーキングパウダー 小さじ1

グラニュー糖120g

卵2個

牛乳 80ml

バター70g

紅茶ティーバッグ 1袋

レモンの皮すりおろし 半個分

レモン果汁 大さじ1

作り方

1オーブンを180度に温めておく。

2バターを電子レンジで溶かしておく。

3型に紙カップをしく。

4ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、グラニュー糖をいれ、泡だて器で混ぜ合わせる。

5溶いた卵を加え、軽く混ぜあわせる。

6牛乳と溶かしバターを加え、粉っぽさがなくなるまでゴムべらでさっくり混ぜる。

7紅茶の葉、レモン皮、レモン汁を加え、全体に軽く混ぜ合わせる。

8スプーンで生地を型に入れる。

10 190度のオーブンで約20分焼く。

ポイント

粉類と水分を混ぜるときは、あまり練りまぜないように。最後に紅茶の葉とレモンを混ぜるときに、粉気がなくなっているくらいで大丈夫です。

紅茶とレーズンのしっとりマフィンの作り方

ミルクティー入りのしっとり生地が、まるでバターケーキのような美味しさのマフィン。アクセントにレーズンを加え、大人っぽい味わいです。

材料(マフィン型8個分)

バター100g

砂糖90g

卵2個

薄力粉150g

ベーキングパウダー小さじ1

紅茶の葉  大さじ1~2

牛乳 100ml

レーズン 30g

作り方

1バターと卵は室温にもどしておく。

2オーブンを180度に温めておく。

3型に紙カップをしく。

4レーズンは少量の湯でもどし、水気を切っておく。

5小鍋に牛乳を沸かし、紅茶の葉を入れて濃く煮出す。茶葉を漉し、冷ます。

6ボウルにやわらかくしたバター、グラニュー糖を入れ、泡だて器でクリームになるまですり混ぜる。

7溶いた卵を3~4回に分けて加える。そのつどよく混せる。

6合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加え、粉っぽさがなくなるまでゴムべらでさっくり合わせる。

7 5のミルクティー、4のレーズンを加え、混ぜ合わせる。

8スプーンで生地を型に入れる。

9 180度のオーブンで約25分焼く。

ポイント

レーズン以外にも、プルーンやドライいちじく、缶詰の果物などを加えても。アレンジがいろいろ楽しめます。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    ロンネフェルトは、1823年にヨハン・トピアス・ロンネフェルトがドイツ・フランクフルトに設立したブラ…
  2. 喫茶店
    オリジナルブレンドで自分だけの紅茶づくりキャディー缶に入って売られている市販の紅茶茶葉。これ…
  3. 紅茶のブランド
    紅茶アーモンドクリーム入りの焼きバナナチョコ春巻きの作り方気負わないで作ることができる簡単なおや…

紅茶の最新記事

PAGE TOP