ティーポット

紅茶漬けレーズンをつかったパンと焼き菓子のレシピ

紅茶漬けレーズンの作り方

レーズンをお菓子につかうとき、お湯でもどしてふっくらさせて使うことがよくあります。そこで、お湯の代わりに紅茶でもどしてみたのが、レーズンの紅茶煮。ほのかに紅茶の香りがつき、レーズンの味がさらに濃厚に感じられるので、焼き菓子にぴったりです。ラム酒漬けレーズンのお酒が苦手な方にもオススメです。

材料(作りやすい分量)

レーズン 200g

濃い目にいれた紅茶 400ml

作り方

1濃い目に入れた紅茶の中に、レーズンを浸す。そのまま冷めるまでおく。

2レーズンを一度ザルでこして、紅茶を再度火にかけて熱くする。

3レーズンをもどし、そのまま冷めるまでおく。冷蔵庫で保存する。

ポイント

レーズンと紅茶の種類は、好みのものを自由に組み合わせて。フルーツティに漬けても、さわやかな香りのレーズン漬けになります。

紅茶漬けレーズンパンの作り方

紅茶漬けレーズンがたっぷり入ったフワフワのパン。レーズンの甘酸っぱさと紅茶の香りがパン生地にも染みこみ、ほっとする味わいです。ミルクティーと一緒に、お茶の時間や朝食に食べたい甘いパンです。

材料(15センチx20cmの長方形1台分)

パン生地

強力粉 170g

薄力粉 30g

ドライイースト 小さじ1

塩  小さじ 1/2

砂糖 大さじ2

牛乳 140ml

バター 30g

紅茶漬けレーズン 150g

作り方

1紅茶漬けレーズンの水気を切っておく。

2ボウルに強力粉、薄力粉、塩、砂糖を入れて手でざっと混ぜ合わせる。ドライイーストを加えてさらに混ぜる。人肌程度に温めた牛乳を加え、手で混ぜあわせてひとまとめにする。

3軽く打ちをした台などに生地を取り出して、手のひらの付け根を使ってこねる。生地が手につかなくなってきたら、バターを生地の中に入れこみ、バターがなじんで表面がなめらかになるまで、さらにこねる。

4紅茶漬けレーズンの3/4量を加え、こねながら全体になじませる。

4生地を丸めてボウルに入れ、ラップをかけて温かい場所で2倍くらいの大きさになるまで一次発酵させる。

5生地を台に出して、手で押してガス抜きする。16センチx12センチくらいの長方形に伸ばす。残りの紅茶漬けレーズンをのせ、軽く押してなじませる。かたく絞ったぬれ布巾をかけ、温かい場所で約2倍くらいの大きさになるまで二次発酵させる。

6オーブンを200度に温める。約20分焼く。

ポイント

紅茶漬けレーズンはザルで水気をよく切ってから、計量します。レーズンは焦げやすいので、生地の上にのせる分は生地の中に押し込むようにしておきます。

紅茶漬けレーズン&アールグレイの焼き菓子の作り方

レーズンの紅茶煮をつかった焼き菓子。材料を順に混ぜるだけの簡単さなので、思い立ったらすぐに作れます。

材料(20cm丸型または耐熱容器など)

卵 2個

砂糖 60g

バター 60g

薄力粉 110g

ベーキングパウダー 小さじ1

紅茶漬けレーズン 大さじ5

紅茶漬けレーズンの汁 大さじ4

1バターを湯せんまたは電子レンジで溶かす。

2オーブンを170度に温める。

3型にバターをぬる。

4ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加えて泡だて器で混ぜる。

5紅茶漬けレーズンの汁、1のバターを加え、混ぜ合わせる。

6合わせてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら入れる。ゴムべらで粉気が見えなくなるまで、さっくりと混ぜ合わせる。

7紅茶漬けレーズンを加えて、混ぜ合わせる。

8型に流し入れる。

9 170度のオーブンで約25分焼く。

ポイント

粉類を混ぜたら、練らないようにさっくりと混ぜます。粗熱がとれて、ほんのり温かいうちに粉砂糖をふって食べるのがオススメです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    1位:花のフレーバーティーのローズローズティーに使われる花はバラ科の原種、またはそれに近い品…
  2. 紅茶の入れ方
    ロンドンの高級百貨店ハロッズをご存知でしょうか。今では中東の会社がオーナーになってしまいましたが、元…
  3. 紅茶の効能
    上質なティースプーンで紅茶を楽しもう!紅茶を美味しくするには、砂糖やミルクを入れた後にしっかりと…

紅茶の最新記事

PAGE TOP