マリアージュフレール

魚の臭みを感じないさばの紅茶煮の材料と作り方

こちらでは魚の臭みが苦手な方でも食べやすい、紅茶のティーパックを使用したさばの紅茶煮のレシピをご紹介します。とてもカンタンにできてしまうので、是非挑戦してみてくださいね。

さばの紅茶煮の材料と作り方

材料(二〜三人分)

・さば 半身

・紅茶のティーパック 2パック

・しょうゆ 大さじ3

・酢 大さじ3

・砂糖 大さじ3

作り方

1)さばの半身を流水で洗いキッチンペーパーなどで水気を取り、食べやすい長さに切ります。さばが縮まないように、皮目に包丁で切り目を入れておくとキレイに仕上がります。

2)鍋にティーパック2パックが抽出できる分量の水を入れて火にかけ、沸騰したら紅茶のティーパックを入れて煮出します。

2)抽出が完了したら弱火にし、さばを鍋に加えます。さばは身の部分を下、皮が上にくるように鍋に入れて、約15分弱火でことこと煮ます。この時に落し蓋をして煮ましょう。

3)煮ている間に、ボウルまたはバットにしょうゆ、酢、砂糖を入れてよく混ぜ合わせます。

4)煮上がったさばを熱い内に取り出して、3)のつけダレの中に入れて、粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫で冷やせば完成です。

さばの紅茶煮の作り方のポイント

今回ご紹介したレシピの作り方のポイントは、さばを煮る時に一緒に紅茶のティーパックを入れたままの状態で煮るということです。一緒に煮ることでさばの臭みを紅茶の中に含まれる「タンニン」と呼ばれる成分が取り除いてくれますので、さばの血合いなどの味が苦手な方でも召し上がりやすい味に仕上げることができます。少し鮮度と生臭さが気になる見切り商品となっているさばでも、この方法で煮れば臭みを気にせず美味しく仕上げることができます。

また、熱いうちにさばをつけダレにつけて冷やすことで、味がさばの中に染み込みやすくなり旨味が増します。食べる前日につくっておくのがおすすめです。保存期間は冷蔵庫に入れて約一週間持ちますので、常備おかずの一つとして少し多めにつくっておけば、おかずが少ない時の足しになるのでおすすめです。今回はしょうゆ味をご紹介しましたが、さばの味噌煮をつくる場合は下記のレシピを参考ください。

紅茶を使ったさばの味噌煮の作り方

材料(二〜三人分)

・さば 半身

・水 350ml

・紅茶のティーパック 3パック

・酒100ml

・砂糖 大さじ3

・しょうゆ 大さじ2

・味噌 50g

作り方

1)さばの半身を流水で洗いキッチンペーパーなどで水気を取り、食べやすい長さに切ります。さばが縮まないように、皮目に包丁で切り目を入れておくとキレイに仕上がります。

2)お鍋に分量の水を加えて沸騰させ、火を止めてティーパックを入れて蓋をし紅茶のエキスを抽出します。

3)ティーパックを取り出して、鍋の中に酒、しょうゆ、みりんを加えます。

4)鍋の中にさばの皮目を上にして身を並べて、中火にかけます。

3)さばの中まで火が通ったら、お味噌を煮汁をつかって溶き入れ、煮汁をさばにかけながらお好みのとろみ加減になったら火を止めて完成です。

紅茶のティーパックで臭みのない食べやすいさばの煮つけをつくろう

いかがでしたか?さばの煮つけは人によったら生臭さが苦手で敬遠してしまうという方も多いかもしれません。しかし、紅茶に含まれるタンニンを利用すればカンタンに美味しく臭みのない煮付けに仕上げることができます。是非、これを機に紅茶のティーパックを使ったさばの紅茶煮をつくってみられてはいかがでしょうか。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. ティーマグで紅茶がカジュアルに楽しめるティータイムというと、ソーサーの上にのったティーカップを中…
  2. 茶器やポット
    日本を代表する茶器ブランド ニッコー紅茶好きの人の中には、茶器に強いこだわりを持つ人も少なくあり…
  3. 紅茶の入れ方
    英国王室御用達店でありながら、美味しい紅茶のブランドとして有名なフォートナム&メイソンは、イギリスの…

紅茶の最新記事

PAGE TOP