紅茶の入れ方

紅茶花伝と午後の紅茶の違い

現在、日本では紅茶といえば、紅茶花伝と午後の紅茶は定番の紅茶となっています。
では、このふたつの紅茶はどのように違うのでしょうか。

紅茶花伝とは

1992年2月に発売を開始した「紅茶花伝」は、しっかりとした紅茶本来の味わいが 楽しめる、大人のための上質で本格的な紅茶です。「紅茶花伝」という名前は、有名な能の書物である“風姿花伝”をもじって作られたもので、上品で高貴なイメージを表してい ます。

午後の紅茶とは

午後の紅茶は、キリンビバレッジ(発売当初は麒麟麦酒)が1986年から販売している紅茶飲料です。
午後ティーの愛称で親しまれています。

紅茶花伝 ロイヤルミルクティーの原料

国産牛乳100%と北海道産生クリームを使用したミルクの濃厚な味わいと、世界三大銘茶のウバ90%を使用した紅茶です。

ウバ茶とは

世界三大紅茶のひとつに数えられている茶葉です。
爽快な渋味、特有の香気とコク、明るい真紅色の水色が特徴です。

スリランカ南東部(旧セイロン島)にあるウバの高地は、日中の高温と夜間の冷気のために霧が発生しやすい土地で、これによってバラやスズランの花香(またはサロメチール様香気ともいう)の甘い刺激的な「ウバフレーバー」がつくり出され、高値で取引されています。

午後の紅茶 ミルクティーの原料

「午後の紅茶 ミルクティー」には、柔らかな味わいが特長のスリランカ産キャンディ茶葉80 %を使用し、ミルク分を増量しています。

キャンディ茶葉とは

午後の紅茶は、スリランカ産の茶葉を使用しています。
日本でもよく親しまれているキャンディ茶葉は、「セイロン紅茶の父」と言われるほど日本に馴染んだ紅茶です。

名前の由来は、ジェームズ・テーラーの茶園がキャンディにあったことからきており、キャンディは「セイロン紅茶の始まりの地」として有名になりました。

キャンディ茶葉は、まろやかな甘い香りがあり、口当たりは爽やかな紅茶で、ほどよいコクと渋みがアレンジティーにも最適の紅茶となっています。セイロン紅茶を愛飲している日本人にとっても、飲みやすい紅茶で、クセがなく、どのお菓子にも最適な紅茶となっています。

紅茶大国イギリスでは

紅茶は、イギリスを代表する飲み物です。
澄んだ赤色が美しく、それでいて風味も良い紅茶は、日本人のようにアイスティーにしたり、レモンを入れて飲む方法は一般的ではありません。基本的にはホットで、牛乳を入れたり、ストレートで楽しんだりします。

・紅茶花伝 ロイヤルミルクティーの評価

クリームの味がスゴイしますね。
イギリスの紅茶は、牛乳を入れるので、なんだが不思議な味がします。あとちょっと甘いです。

・午後の紅茶ミルクティーの評価

とにかく甘すぎますね。紅茶花伝よりもあまい気がします。
砂糖を入れた牛乳って感じです。まあ紅茶というより、違う飲み物です。

このような辛口の評価ではあったものの、「午後の紅茶 無糖」が美味しいという話もありました。

さいごに

午後の紅茶といえば、手軽に飲むことができるイメージがあります。
濃厚でありながら、清涼感のあるミルクティーは日本人向きでしょう。

一方、紅茶花伝は、北海道産のコクのあるミルクがしっかりしていて、ウバ茶のメントールのような香りが、紅茶花伝の上品で本格的な紅茶を演出しています。こちらは清涼感というよりも、テーブルでホッと一息のときに飲みたい紅茶です。

カップに移して、また一段と上品なミルクティーにして楽しむのもいいでしょう。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    SARAスクールとはSARAスクールは資格を取得して輝きたい、自分の幸せを掴みたい、キャリアを積…
  2. スージークーパー
    初夏の香りの紅茶のお菓子新緑が目にまぶしく感じられる初夏の季節には、すっきりとした紅茶でリフレッ…
  3. ティーセット
    今回ご紹介するのは、日本を代表する陶磁器メーカー、ノリタケとナルミのティーセットです。昔から愛されて…

紅茶の最新記事

PAGE TOP