紅茶の入れ方

ゴールデンチップとシルバーチップの違いと特徴【初心者でも分かる!】

ゴールデンチップ・ゴールデンチップスとは

ゴールデンチップだけを栽培する茶木があります。茶葉は銀色の産毛に覆われていてその芯芽を丁寧に摘み取ります。摘み取った芯芽に毎日紅茶をかけます。それは金色になるまで丹念に数日繰り返されます。味は甘くまるやかな感じですがしっかりと濃厚です。フルーティーな味わいが長時間続きます。シルバーチップを金色に色付けしたものです。製茶工場で紅茶液に着色されます。この紅茶液は発酵したタンニンの成分です。ゴールデンチップだけを集めたものをゴールデンチップスといいます。これもまたわずかな量だけ生産されるので希少価値が高いです。

シルバーチップスとは

茶木の種類は2,000種類もあります。その中でクローン545番だけに与えられた称号です。柔らかい芯芽がつぶれないように摘み取る事が大切で専門の茶摘みさんが担当します。日光の下で乾燥させた芯芽は銀色の産毛に覆われます。ほんのりと甘いフルーティーの香りと薄い黄色の水色です。口に含んだお茶の香りは長時間続くことで楽しませてくれます。自然なままで乾燥させた芯芽のこといいます。シルバーチップだけを集めたものをシルバーチップスといいます。わずかな量だけ生産されるので希少価値が高いです。

新芽の部分「チップ」

紅茶について調べるとチップという言葉を耳にします。これは新芽の部分のことで茶葉の最先端にくるんとまるまった状態で葉が開いていない芽の事をいいます。この芯芽の事をチップと呼びたいへん貴重なものとしています。チップの形状表面をよく見ると細かい毛が生えています。紅茶を生産する過程でこの細かい毛が残っているものがチップとして特別なものとされます。またチップの外側にも白い産毛が密集しています。この白い産毛は葉が成長するにつれて落ちてなくなってしまいます。チップがたくさんある葉はそれだけ若い葉であるといえるのです。

チップの特徴

茶葉は先が細く針のような形で長さは1~2㎝ほどです。味や香りは紅茶として感じられないほどとても淡いです。ゴールデンチップだけの紅茶では少し物足りなさを感じるかもしれません。ゴールデンチップを含んだ紅茶の方が美味しく感じられたりして人気が高かったりします。高級品としてはゴールデンチップがたくさん含まれる紅茶がよい紅茶です。フルリーフタイプでもブロークンタイプでもゴールデンチップがたくさん入っているものは贅沢品です。アラブの上流階級ではゴールデンチップを珍重していて不老不死や滋養強壮に効果があると信じられています。

アッサム・ゴールデンチップス

アッサムの上質な茶葉に付けられるグレードです。ゴールデンチップスがたくさん含まれている高級品です。イギリスやヨーロッパではとても貴重なものとされます。アッサムティーの製茶の丁寧さやボトム、ボディの味わいの深さを吟味してチョイスする事が最大のポイントです。紅茶屋さんで「ゴールデンチップがたくさん入っているものが良い紅茶なのか」と聞くよりも「ゴールデンチップの有無が紅茶の美味しさに関係があるのか」と聞いてみてください。「そんなに差は感じられないでしょう」という答えが返ってくるでしょう。味ではそんなに差は感じれないはずです。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    北陸・信越地区に、行かれたことはありますか?自然豊かな山々や日本海に面した北陸・信越地域は、農業や漁…
  2. 紅茶の茶葉
    ティータイムの必須アイテムの一つである『ティースプーン』。お気に入りのティースプーンを使うことで、テ…
  3. 紅茶の入れ方
    紅茶には、等級が存在します。同じ産地や樹から採れたお茶でも製造工程の中でその大きさはバラバラになりま…

紅茶の最新記事

PAGE TOP