紅茶の入れ方

紅茶のマナー-海外旅行で紅茶を買う時に使える英語表現

イギリスに行ったら紅茶店でで紅茶を買ってみたい・・・でも、店員に日本語が話せる人がいなかったら・・・?そんな時は英語で話すしかありませんよね。何かを買いたい時に使える英語フレーズをお教えします。単語を入れ替え応用して使ってみてくださいね。

紅茶を買う時に付け加えるだけで丁寧になる「Please」

まずフレーズを勉強する前に、基本的な丁寧表現として覚えていただきたいのが、文章を丁寧にする「Please」の使い方です。同じ文でも最後に「Please」を付けるだけで丁寧な言い方になるのです。「Please」はお願いする時に使います。

例えば、「ご注文は宜しいですか?」と聞かれて「オレンジジュース」とだけ答えるとします。

× Orange juice.

とだけ言うと、投げやりでぶっきらぼうな印象になります。

ここで、「Please」を使って、

○ Orange juice, please.

と言うだけでだいぶ印象が違います。難しい英語が話せなくても、礼儀正しく話すことができます。

紅茶を買う時に使える英語フレーズ「I would like to have~.」

「~が欲しい」という英単語は何ですか?と聞かれたら、多くの人が「Want」とお答えになるのではないでしょうか。「I want you」(あなたが欲しい)と覚えている人も多いと思います。ただ、このWantはとても強い表現で、例えばその強さは、おもちゃの前で「これ欲しい~!」と泣いている子供ぐらいの気持ちです。だから、本当に愛している人に「あなたが欲しい!」と本気で言うつもりなら良いのですが、またはオレンジジュースなど手軽に手に入るものに使ったり、友達や家族の間で使うのなら問題ないのですが、お店とはいえ突然知らない店員さんに「アールグレイティー欲しい(からちょうだい)!」というのは、ちょっと失礼ですよね。

そんな時に便利なのが「I would like to~」(~したいのです)という丁寧な英語表現です。短くして「I’d like to~」と言うこともできます。「I want to~」の代わりの丁寧表現として使うことができます。「to」の後は動詞がきますので、「~が欲しい」と言う時は、「I would like to have~」とHave=「持つ」=「所有する」の動詞をひとつ付け加えることで、「~が欲しい」という気持ちを丁寧な表現で伝えることができます。

I would like to have 100g of Earl Grey Tea, please. 「アールグレイティーを100gいただきたいです」

英語にも敬語や丁寧語があります。場をわきまえて話をすることが大切です。紅茶を買うことをきっかけに、色々な英語表現を覚えて、たくさん応用して使ってみてくださいね。礼儀正しい英語表現に少しでも変えるだけで、紅茶店での対応や店員さんの表情も変わってくると思います。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 紅茶の入れ方
    1位:花のフレーバーティーのローズローズティーに使われる花はバラ科の原種、またはそれに近い品…
  2. ウエッジウッド
    ティータイムの必須アイテムの一つである『ティースプーン』。お気に入りのティースプーンを使うことで、テ…
  3. 紅茶の入れ方
    国産の紅茶の歴史日本でのインド式紅茶栽培は良い結果を出すことが出来るようになりました。九…

紅茶の最新記事

PAGE TOP