紅茶の茶葉の種類

紅茶の代表的な茶葉の種類【初心者でこれだけは知っておきたい!】

普段、私たちが飲む紅茶には多くのブランドがあり、そのブランドの中にも様々な種類の紅茶があります。
そのため、自分に合った紅茶を探すにも、どの紅茶から試したら迷う人も多いでしょう。ここでは、自分好みの紅茶を見つけやすいように、人気の紅茶のブランドを紹介します。

ダージリンとは

世界三大紅茶のひとつです。
その中でも、二番摘み茶の中で最高といわれる「マスカット・フレーバー(マスカットのような香り)」は、高貴で気品がある香りで人気があります。

ストレートで飲むのはもちろん、2番摘み茶以降はミルクティーで飲むのもおすすめです。

アッサムとは

市販のミルクティーでもよく見かける紅茶です。
北インドのアッサム地方で栽培されます。

甘味が強くコクのある味わいで、芳醇な香りをもっています。
味わいが濃いため、ミルクティーに向いています。

アールグレイとは

中国紅茶にベルガモットの香りを付けたものです。
ベルガモット(柑橘系)のフレッシュな香料は、アイスティーにしてもミルクティーでもおいしく頂けます。

柑橘系の爽やかな香りは、気分転換や、緊張したあとのリラックスにもおすすめです。

セイロンティーとは

セイロンティーは、スリランカ(旧セイロン)産の茶葉の総称です。
産地によって気候や標高が異なり、セイロンティーといっても様々な風味の紅茶が存在します。

日本に輸入される紅茶の約60パーセントはセイロン紅茶です。
スリランカで採れた上質な茶葉は、まろやかな渋みとほのかな甘い味わいが特徴で、レモンとの相性もいい紅茶として知られています。

ディンブラとは

「セイロン紅茶の女王」とも言われています。
香りはそれほど強くなく、濃厚さや渋みも少なめです。

マイルドな風味なので、多く方に好まれています。
紅茶の色は明るいオレンジ色で、花のような優しい香りとみずみずしい風味があります。

アイスティーだけでなく、レモンなどのフルーツを入れたフルーツティーやミルクティーにしても、その持ち味が充分生かされます。アレンジ好きな人にもおすすめです。

ウバとは

世界三大銘茶のひとつです。
セイロン島南東部で栽培されています。

芳醇で香り高く、花に似た甘い香りが特徴で、濃いめにしてミルクティーで飲むのもおすすめです。

キーマンとは

世界三大紅茶のひとつです。
中国の上海で生産される古典的な紅茶で、紅茶のルーツが感じられる茶葉です。

生産時期が6~9月と短く、ごく少量しか採集されないため、最高級品は高値で取引されることもあります。

紅茶は、蘭やバラに似た香りのほか、独特のスモーキーフレーバーが特徴で、東洋的な雰囲気のある紅茶です。
葉の色は黒いですが、紅茶の色は明るく澄んでいます。上品でマイルドな紅茶を飲みたいときにおすすめです。

ニルギリとは

南インドの高原で育つ茶葉です。
名前の由来となっているニルギリは「青い山」という意味です。

柑橘系のさわやかな香りと、飽きのこないさっぱりとした飲み口が特徴で、紅茶ビギナーにもおすすめの紅茶となっています。
馴染みやすく、香りと味のバランスがよい万能タイプの紅茶です。

特に、アイスティーのベースにすると香りが引き立つと言われています。
果物、ミルク、リキュールとの相性も良く、ホットの場合は、ハーブやスパイスのバリエーションにも最適です。

ダージリン、ウバ、キーマンが「世界三大紅茶」と呼ばれているのは、紅茶好きなら一度は耳にしたことがあるでしょう。インドは生産量が世界第一位なので、必然的に茶葉の種類が豊富になります。そのためか、「インド三大紅茶」と呼ばれるものも存在します。

ニルギリはその1つで、あと2つはダージリンとアッサムです。この3つの茶葉を、「インド三大紅茶」と呼びます。ダージリンとアッサムはインド北部で生産されていますが、ニルギリはインド南部のアラビア海寄りにある西ガーツ山脈南部の丘陵地帯の高原が産地となっています。

ニルギリには「青い山」という意味があり、「紅茶のブルーマウンテン」と称されています。生産地がスリランカ島に近いということもあり、気候がスリランカと似ているところがあります。そのため、ニルギリはセイロンティー(スリランカ産の紅茶)と非常によく似た優雅で繊細な香りが特徴で、風味もセイロンティーに近いものがあります。

ニルギリのクオリティーシーズン

ニルギリは通年で栽培が可能な茶葉なので、生産量が多いです。1年中出回っています。価格も安価で入手しやすい茶葉となっています。

クオリティーシーズンは2回あり、季節風が吹く7月~8月と、1月~3月の寒さ厳しい季節です。特に、1月~3月に収穫される茶葉の品質が最も良く、最上のウィンターティーとなります。

ニルギリの特徴

水色は濃く明るいオレンジ色で、柔らかい香りとクセのないマイルドな渋みが特徴です。旬のニルギリは草っぽい香りに加え、フルーツのような甘い香りも持っています。春の季節に出回るニルギリは香りが特に顕著で、花のようないい香りと程よい渋みを持つことが特徴で、とても飲みやすく美味しいものになります

ニルギリの入れ方

ニルギリは北の産地で作られるダージリンなどと比べるとクセがなく、個性が弱い紅茶と言われています。しかし、その個性の弱さを逆に利点として、様々な入れ方ができる紅茶として利用されています。

スパイスやハーブなどを入れたバリエーションティーにも適していますし、ミルクティーでもレモンティーでも、ストレートティーでも美味しく飲めます。クセの少なさから、ブレンドティーにも多く使われています。氷のように透明感のある水色になるので主にアイスティーとして用いられますが、ホットでもクセがなくて美味しく飲めます。最も利用方法が幅広い茶葉だと言えるでしょう。

様々な入れ方を挙げましたが、中でも特におすすめの入れ方はフルーツティーです。フレッシュフルーツの瑞々しい香りを活かしたフルーツティーは、クセのないニルギリとの相性が非常に良く、渋みが苦手な方やお子様にもおすすめできます。

ニルギリの効果・効能

ニルギリには老化の防止、抗菌作用、コレステロール抑制、利尿作用があります。カフェインが入っているので眠気防止にもなります。

ストレスを受ける度に緊張状態を作り出してしまうコルチゾールという成分があるのですが、ニルギリにはこのコルチゾールの生成を抑えてくれる働きがあります。これは、あがり症の原因ともなっている物質です。ストレスを感じたとき、リラックスして気分を落ち着けたいときなどに飲んでみると、効果を実感できるかもしれません。

紅茶   紅茶

紅茶のピックアップ記事

  1. 日東紅茶
    アメリカで誕生したスターバックスコーヒースターバックスコーヒーは1970年代アメリカシアトルで誕…
  2. 紅茶の効果
    ベルガモットとは実の大きさはレモンほどでその実の皮から精油が作られます。すこし緑かかった精油の色…
  3. ピーチティー
    紅茶を使ったレシピは色々ある中で、今回はバナナと紅茶の香りが楽しめる「バナナミルクティーマフィン」の…

紅茶の最新記事

PAGE TOP